レッドブル・エアレースは6/4に4万人を超える観衆を集め予選を行…う予定でしたが、午後に入ると前日を超える強風が吹き荒れ、飛行予定がまさかの全てキャンセルとなりました。

1

午後から風が強くなる事は予想されていましたが、午前中はチャレンジャークラスのFP3(練習飛行)が予定通り開催されていました。しかし、最高2.5m高波(船でのレスキューが出来なくなる)も重なり、苦渋の決断です。

これにより、マスター/チャレンジャークラスともに予選そのものがキャンセルとなりました。

このフライトスケジュールのオールキャンセルを受け、記者会見の出席者も変更になりました。

当初はレースディレクターのジム・ディマジオと室屋選手、マスタークラス・チャレンジャークラスの予選1位が登場する予定でしたが、予選トップの選手の代わりに前戦で初優勝を挙げ、チャンピオンシップランキング1位のマティアス・ドルダラー選手が登場しました。



金曜日にトップタイムを記録している室屋選手は、全ての選手の飛行がキャンセルになったことで飛行回数が減ると、全体のタイム差が詰まらないので若干有利と分析しました。

マティス選手は昨年ここで2位を獲得しており、千葉を最も好きなコースと語り、室屋選手 と一緒に表彰台に上りたいと語りました。

会見後、二人はステージ上で肩を組み、スマホで自撮り。

評判通りの「仲の良い同期」の姿を見せていました。

チャレンジャークラスは今回6名が参加、FP3でもメラニー・アストルは3位を記録し、決勝に臨みます。

マスタークラスは予選の中止により、ラウンド・オブ・14の対戦はチャンピオンシップポイントの順位でのマッチアップ(組み合わせ)となりました。

Heat1
ペーター・ポドランセック(ランキング10位)
カービー・チャンブリス(ランキング5位)

Heat2
室屋義秀(ランキング11位)
ピート・マクロード(ランキング4位)

Heat3
マイケル・グーリアン(ランキング9位)
ナイジェル・ラム(ランキング6位)

Heat4
マルティン・ソンカ(ランキング12位)
ハンネス・アルヒ(ランキング3位)

Heat5
マット・ホール(ランキング8位)
フランソワ・ルボット(ランキング7位位)

Heat6
ファン・ベラルデ(ランキング13位)
ニコラス・イワノフ(ランキング2位)

Heat7
ペトル・コプシュタイン(ランキング14位)
マティアス・ドルダラー(ランキング1位)

6/5決勝日は12時のチャレンジャークラス決勝よりスケジュール通りに開催される予定です。予報では決勝の時間に掛けて風は収まってゆく様です。

(川崎BASE)

【レッドブルエアレース2016】強風による予選キャンセル!どうなる、決勝の組み合わせ?(http://clicccar.com/2016/06/05/376588/)