森の薬局と呼ばれているオイル

写真拡大

皆さんタマヌオイルをご存知でしょうか。まだ日本では馴染みのないオイルですが、実はこのオイル、ココナッツオイルやアルガンオイルなどに勝る奇跡のオイルとして欧米で非常に人気を集めているオイルなのです。中でもアンチエイジングやニキビケア、乾燥肌対策には最強と言われており、アメリカの人気TV番組ドクターオズショーの中でも紹介されたお墨付きの万能オイルです。

■ タマヌオイルとは?

フィジーなど南太平洋を原産とするナッツの木で、マンゴスチンの仲間です。このナッツの実から採れたオイルで、ポリネシアンの原住民は神からの贈り物として大切にしてきた森の薬局と呼ばれる万能オイルです。タマヌオイルにはヴァージンオリーブオイルの20倍もの抗酸化作用があり、アンチエイジングや気になるニキビには最適なオイルです。

◎ 美肌対策に優れている

タマヌオイルに含まれている抗酸化作用が老化の原因となる活性酸素を除去し、紫外線からお肌を守り 、シミやシワを改善させてくれます。また皮膚の再生を促してくれるため、ハリを弾力のあるお肌を保つことが可能です。

◎ ニキビケアにも使える

タマヌオイルの最大の特徴の1つはニキビ対策です。タマヌオイルに含まれるカロフィル酸と呼ばれる不飽和脂肪酸や抗菌・抗炎症物質がニキビを改善させて、皮膚の再生に働きかけることで、気になるニキビ痕にも効果的なのです。夜寝る前に気になる箇所に塗るだけで、翌朝には格段と良くなっています。

◎ 日焼け対策にもオススメ

タマヌオイルに含まれる成分は紫外線から受けるダメージを85%もカットするという驚異的な力を持っています。 また抗炎症作用もありますので、日焼けによる皮膚の炎症や火傷の回復にも非常に効果的です。もちろん切り傷や虫刺されなどの改善にも効果的です。

■ ぜひお試しを!

髪の毛から全身まで使用可能な万能オイル、是非みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

(著:nanapiユーザー・カラダにキク「サプリ」 編集:nanapi編集部)