3日、韓国・ノーカットニュースは、韓国大田市内にある2つのマンションの境に、住宅地に似つかわしくない鉄条網が設置されている理由を報じた。資料写真。

写真拡大

2016年6月3日、韓国・ノーカットニュースは、韓国大田市内にある2つのマンションの境に、住宅地に似つかわしくない鉄条網が設置されている理由を報じた。

現場は大田市内に1991年、相次いで建てられたA・Bのマンション。敷地を仕切る塀などの上に300メートルにわたり鉄条網が設置されている。これで不便を強いられているのは主にBマンションの住民。Aマンションの敷地を横切れず、Aマンションの向こうの学校やスーパーに行くには回り道をする必要があるためだ。

ここに長く住む住民によると、鉄条網は2つのマンションが建って間もなく、Aマンション住民の強い要求により設置されたという。今となっては明確な理由を語る人はいないようだが、分譲マンションであるAの住民らが、賃貸マンションのB住民による敷地の通行を防ぐため設置したというのが「通説」となっている。Bマンション1500世帯のうち58%ほどがここに永住を認められた貧困層。ここに暮らす70代の住民の一人は、「Aマンションの母親たちは子どもに『貧しい人たちとは遊ばないように』と言うくらいだ。持たざる私たちにはどうしようもない」と語った。

しかし、一方のAマンションの住民はこの「通説」を否定する。ある住民は「敷地に段差があって通ると危ないから鉄条網が設置された」と話す。Aマンションの管理事務所も、通説について「Bマンション住民の意見にすぎない」としたが、Aマンションで鉄条網の撤去を求める住民はいないという。

これについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「国でもなく個人までもが土地の取り合いをする現実。人間の欲はどこまで…」
「ものすごく醜い。マンションが富の象徴だとでも思ってるのか?江南(ソウル都心)でもあるまいし」
「隣同士でこんなことをしてて、南北統一なんてできるんだろうか?」

「金ですべてを判断する韓国の悲しい現実」
「韓国人は、自分より少しでも貧しい人を見下す習性がある」
「どこのマンションか知らしめた方がいい。思いやりの心をなくし、物質の奴隷となった人たちが、全大田市民の嘲笑の的になるようにね」

「朝鮮人の序列文化は国を滅ぼすDNAだ。朝鮮がなぜ滅びたのか考えるべき」
「恥ずべき韓国の素顔だ!いまだに韓国では土地を奪い合う戦争中」
「ここはイスラエルでもパレスチナでもない、大田じゃないか。鉄条網はソウルのうちの近所にもあるけど、理由を聞いてびっくりしたよ」(翻訳・編集/吉金)