2日、四川省成都市中心部に、高級車ばかりが200台余りも捨てられている場所がある。いずれも持ち主不明で、引き取り手がないという。

写真拡大

2016年6月2日、華西都市報によると、四川省成都市中心部の一心橋街に、高級車ばかりが200台余りも捨てられている場所がある。

【その他の写真】

雑草に覆われる中、うち捨てられた車には高級車のベントレー2台、ランドローバー2台、ベンツ3台なども含まれている。いずれもナンバーはなく、少なくとも2年以上野ざらしとなっている。砂ぼこりの積もった姿はまるでキョンシーかゾンビのよう。

地元交通警察によると、こうして捨てられている車の多くは何らかの事件に関わった車両ばかりで、手続きに不備があり、持ち主不明で引き取り手がないという。

この報道に、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「今ごろ持ち主もきっと草むらの中に…」
「これがシャレードだったら別だけど、高級車だから警察もうっかり触れないんだよな」
「引き取るにも、車両価格より保管費用の方が高そう」

「ほとんどが公僕の乗り回していた車両だろう。こうして手放しても大したことないわけで」
「汚職役人は逃げたが、車は持って行けない。ま、逃げた先で買う方が安いだろうけど」
「金持ちにとって、車は子どものおもちゃと同じ。いらなくなったらポイだ」
「紅旗(中国の最高級セダン)まであるのにびっくりした」
「オレは貧乏で心に雑草が生えそうだというのに…」(翻訳・編集/岡田)