新しい出会いのある合コン。でも、参加態度次第で一緒に参加した仲のいいはずの女友達に嫌われて、友人を失ってしまうこともあります……。友情関係に亀裂が入らない態度、しっかりできていますか?

そこで今回は、“合コンで同性から嫌われる女”6パターンをご紹介します。週末、合コンや友達との集まりがあるという方、自分に当てはまる項目がないか、チェックしてみてください。

■1:タイプの男性がいないとつまらなそうな態度をとる女

参加者にタイプの男性がいなかったら、一人でつまらないとばかりにスマホを触り始めたり、会話をまともにすることなく、ムスッとした態度でひたすら食べている女性。

参加したのなら、最低限、周りの人を不愉快にさせない態度をとるのがマナーです。「今日ハズレ……」と思っても、態度や表情には出さないように気をつけましょう。

■2:お酒に飲まれてしまい場の雰囲気を壊す女

お酒を飲んで、楽しくなっているのはいいことですが、飲みすぎて周りに迷惑をかけてしまっては、異性にも同性にもいい印象は与えません。「次はあの子以外で……」と、言われかねないので気をつけましょう。

また、お酒に酔ったふりをして甘える女性も、特に同性には見透かされていることが多く、よく思われないのでやりすぎは禁物です。

■3:自分のことをあだ名で呼ぶ女

大人になってまで、自分のことを、例えば“あっちゃん”というような、あだ名で呼ぶ女性は、同性から好かれづらく、友人が少ない傾向にあります。また、あだ名でなくても、下の名前で呼ぶのも、あまり同性には好まれない場合が多いので、気を付けてみてください。

■4:一緒にいる友達の失敗談や過去の恋愛をバラす女

よく、一緒にいる友人の失敗談や過去の失恋話を、ペラペラと話し出す女性っていませんか? 初めて会った人がいる合コンの場で、話されたくないこともあるはずです。デリカシーのない発言には要注意!

また、仕事の愚痴や他人の悪口など、マイナスな話ばかりをする女性も、空気を乱しかねないのでNGです。

■5:普段やらないくせに気配り上手アピールをする女

普段は、お料理が運ばれてきても、取り分ける素振りすらしない女性が、突然お料理を取り分け始めたり、あらゆるものに気を遣いだしたら、周囲は引くことでしょう。

その場だけの行動は、同性の友人からよく思われないだけでなく、意中の彼と運よくお付き合いできたとしても、いつか墓穴を掘りかねないので、普段から気配りできるように意識することが大切です。

■6:協調性がなく、解散前に帰ってしまう女

やむを得ない事情があるなら仕方ないですが、その場が盛り上がっているのに、早々にひとりで帰ってしまうと、幹事の顔をつぶしてしまう可能性が……。

先に帰らなければならないことがわかっていたなら、事前に幹事の子に伝えておく配慮をしましょう。

気持ちよく良好な人間関係を築くためには、大切なルールです。これから合コンを楽しみにしている方は、”嫌われる女”にならないよう、上記のポイントを心得てみてくださいね。

【関連記事】

加藤綾子アナはやっぱりモテ女!「男が引き寄せられる」メールテク3つ