天池合繊のシャンブレープリーツストール「天女の羽衣」(2万520円)

写真拡大

 オーガンジーというのは、平織で薄手、軽く透けている上質な生地のことだが、その軽やかさで、世界中の一流ブランドを虜にしているポリエステルオーガンジーがある。それが、今回紹介するストールの「天女の羽衣」(2万520円)。作っているのは、古くから繊維産業が盛んな石川県七尾市にある「天池合繊」だ。

 触れていないかのような軽さの天女の羽衣は、織りや染め、縫製など、すべて能登の自社工場で生産する“made in Japan”。独特の透明感と光沢は、その名の“羽衣”のように幻想的だ。透明感のあるプリントやグラデーションカラー、立体的なプリーツ加工、ポコポコ手絞りストールなど種類も豊富。また、手描き加賀友禅や加賀繍などの、伝統工芸とのコラボも行っている。

 開発のきっかけは、海外製品との価格競争に押されて危機感を募らせるなか、あるメーカーから7デニール、髪の毛の5分の1ほどしかない超極細糸が持ち込まれたことによる。社長の天池源受さんは、こう振り返る。

「蜘蛛の糸のように細くて、通常の織機で織ろうとすると、かなり弱い衝撃でもすぐに切れてしまう。だから無理だと思いましたが、そんな時、これが織れれば一流企業になれるという夢を見たんです」

 そして、顕微鏡で織り目を確かめながら、ベテラン職人とともにアイディアを練り、織機の改造開発に取り組んだ。

 織物に仕立てることに成功してからも、生地が薄すぎて染色はできないと、多くの染色加工会社に断られ、染色設備を自社で開発。多額の借金をして約2年半かけ、ようやく製品化にこぎつけた。

 できあがったのは、1平米あたりわずか10gしかない、世界最軽量の生地。これが開発直後の2005年にブライダルファッションデザイナーの桂由美さんの目にとまり、販路は世界へ。現在はパリコレなどに参加するトップメゾンで採用されるなど、世界中で愛される生地になった。一般の人が手に取りやすいスカーフなどは2010年から販売している。

「あまりの薄さに、破れやすいのでは?とよく聞かれます。たしかに摩擦やひっかけには弱いですが、糸が細い分、密度を高めて織り上げているので、シルクオーガンジーより強度はあります。だから、自宅で洗濯もできますよ」(天池さん)

※女性セブン2016年6月9・16日号