キーっ、ムカつく!! 女友だちとの割り勘でもめたエピソード4選

写真拡大

女性同士での食事の支払いは、割り勘が普通ですよね。ですが、割り勘で平等なはずなのに、支払いでもめてしまうこともあるようです。女友だちとの割り勘でもめたエピソードには何がありますか? 女性のみなさんに聞きました。

■あんた、食べすぎ!

・「大食いの友だちがいて、他の子と同じ金額を払うのはおかしいのではないか、ともめたことがある」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「たくさん飲んだくせに割り勘を要求してきたので口論になった」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「高いものばかり頼むので少しイヤミを言ったら逆切れされた」(29歳/ソフトウェア/技術職)

割り勘は支払いの負担を平等にするためのもの。1人だけたくさん食べたのに、その分をほかの人に任せるのはよくないですよね。食べすぎを指摘されると恥ずかしいと思いますが……。

■きっちり割り切れず……

・「割り切れなかったので、自分が多く出そうとしたら、相手がそれは悪いと言い出して、どちらが多く出すかでもめた」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「きっちり割り切れなくて多めに払ったとき」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「どちらが多く負担するかで見栄の張り合いみたいになっていた人がいた」(32歳/不動産/事務系専門職)

フェアに割り算をしたところ、端数を割り切れなくなることも。そんなときは自分が多めに払って支払いを済ませてしまうと楽ですが、相手もそう思っているともめるんですよね。

■どんぶり勘定禁止令

・「ザックリ割り勘しようとしたら、友だちは注文した品ごとに分けようとしてきた」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「居酒屋などで、どっちが多く食べたとか飲んだとかでもめた」(25歳/農林・水産/その他)

・「1円単位までの割り勘で、5円足りないよ!などと言ってくるやつ」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

友だち同士の食事ですし、だいたいで割ろうとしたところ、苦情が来るケースも。割り勘はたしかに平等にするべきですが、それにこだわりすぎるのもみっともないですよ!

■カード払いでケンカに

・「カード払いをしたときにわかりづらくなってもめた」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「クレジットのポイントで、どっちを使うかで小競り合いがあった」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

支払いの際、いくら出ていったのかわかりにくいカード払い。カード払いをするとポイントがたまりますが、割り勘にしようとするとなんとなく計算しづらいですよね。

■まとめ

デート代の支払いでもめた話はよくありますが、女性同士の支払いでもトラブルになることがあるようですね。割り勘にこだわりすぎてケンカになるケースが多いので、友情をとるためにはある程度のルーズさが必要なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳〜35歳の働く女性)