異色のプロデューサー角田陽一郎氏が考える 「テレビの未来」とは

ざっくり言うと

  • テレビの未来についてプロデューサーの角田陽一郎氏に聞いた
  • いち企業としてのテレビ局は、このままいけばなくなる可能性もあると指摘
  • 放送権利と設備、収益構造というアドバンテージを失いつつあると説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング