「肌は夏に歳をとる」という言葉があるように、夏の肌を取り巻く環境は過酷。エアコンの影響や大量の汗、生活の乱れなど、肌への脅威となる要素はいろいろありますが、肌老化が進む最大の原因はやはり紫外線! 今回は、気をつけていても「うっかり日焼けしてしまった」後のアフターケアについて紹介します。


“直後ケア”のカナメは、とにかく「冷やす」コト!

日焼けで肌が赤くほてっている場合は、軽いやけどと同じ状態と考えてケアを。カラダなら冷水のシャワーを浴び、顔なら冷水や氷で冷やしたタオルを当てるなどして、ダメージを受けた肌を早めにクールダウンさせます。

冷やすことで日焼けのダメージやヒリヒリとした痛みを抑え、肌を休ませることが先決! 冷やした後は、カラミンやアラントインなどを配合した消炎作用のあるローションをやさしく塗布すると◎。


ほてりがおさまった後は、たっぷりと「保湿」

日焼け後の肌は極度の乾燥状態にあるため、ほてりがおさまった肌にはしっかり水分を補ってあげましょう。保湿力のある化粧水やシートマスクをあらかじめ冷蔵庫で冷やしておき、冷やしながら水分を送り込んであげると、冷却と保湿が同時にできて一石二鳥! 最後に、乳液やクリームなどを塗って水分の蒸散を防ぎます。


ほてった肌にやってはいけないNG行為

肌の赤みが和らぐまでは、このようなシンプルなお手入れに徹するのがベター。


・ ゴシゴシと顔を洗う

・ 日焼けしたパーツの角質ケアやマッサージ

・ 肌への刺激が強い行為


また、しばらくして皮がむけてきたら場合は、ムリして手ではがすのはNG。自然にはがれるのを待つようにしましょう。


日焼けはエイジングに影響アリ!

アクティブに過ごしていると日焼けのリスクはつきものですが、日焼けのし過ぎはシミだけでなく、乾燥やシワ、たるみの原因に。また、全身の免疫力も低下するとか。 特にひどい日焼けをした場合は、皮膚科を受診するなどアフターケアを怠らないことが大切。逆に、「ちょっと日焼けしたかな?」程度の場合は、美白マスクなどで即座に集中ケアを投入するなど、攻めのケアもアリ。

肌の状態をよく見極めたうえで、素早いアフターケアを心がけましょう。十分な睡眠や体内への水分補給、内側からのビタミン摂取も、日焼け後のダメージからの脱却をサポートしてくれます。エイジングケアの一貫としても、日焼け後のケアに「待ったなし」で挑みたいですね。


(文・大津礼保奈)