3日、仏国際放送のラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)によると、台湾桃園市の桃園国際空港で2日午前、激しい雷雨により航空機の発着が大幅に遅れた。写真は2日の台湾桃園国際空港。

写真拡大

2016年6月3日、仏国際放送のラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)によると、台湾桃園市の桃園国際空港で2日午前、激しい雷雨により航空機の発着が大幅に遅れた。雨水が空港ビルの地下や通路に流れ込み、空港機能が一時ストップした。

【その他の写真】

桃園市ではこの日、大雨で市内の河川がはん濫。空港へ通じる高速道路のトンネルが冠水し、水は空港ビルの地下に流れこんだ。地下のフードコートを始め、空港内の各施設で停電が発生。チェックインカウンターも機能もストップするなど影響が広がった。

この雨で日本、韓国、中国行きなどの各便が大きな影響を受けた。空港によると、大雨は2時間に渡って続き「過去最高の記録的な雨」になったという。(翻訳・編集/大宮)