「6月に結婚する花嫁は、生涯幸せな結婚生活が送れる」欧米で古くから言い伝えられている、ジューンブライド。日本でも花嫁の憧れですよね。まさにこれから結婚式にお呼ばれしているなんて方も多いのでは?

しかし、せっかくのウェディングがゲストの振る舞いによって、台無しになってしまうことも珍しくありません! これでは、「もしかして出会いも……」なんて期待している方にとっては大打撃。

そこで今回は、『美レンジャー』が男性272名を対象に「結婚式に出席する女性の行動で印象が悪いのは?」というアンケート調査を実施(複数回答有)。気になる調査結果を参考に、“男がドン引きする!最悪NGマナー”をご紹介します。

■第3位・・・飲み過ぎている(19.9%/54人)

「ほろ酔い程度ならまだしも、泥酔して披露宴会場のなかでリバースしそうな女性を見たときは唖然……。あやうく悲劇が生まれるところでした」「おめでたい場なので、楽しくお酒を飲むのはよいと思う。でも、飲み会じゃないので!酔って絡んだり、新郎新婦に茶々を入れたりする女性は問題外」との声が……。

「披露宴からお酒のピッチが速いのは引いてしまう、飲み会と勘違いしているのでは?」という声が多く挙げられました。二人を祝福する席ですから、お酒はたしなむ程度にしておいた方が賢明ですよ。

■第2位・・・式のときもスマホをいじっている(22.4%/61人)

「挙式の最中、携帯を終始いじっていて、見かねた友人から注意されている女性を発見。SNS更新しようとしてたの〜って、家に帰ってからやって下さい」「お祝いの席なのに、何をしに来たのか……。ゲストのマナーが悪いと、新郎新婦が不憫に思える」とのこと。

SNS更新にニュースやメールチェックまで! 新郎新婦ではなくスマホに夢中では、お呼ばれした意味がないかもしれません。

また反対に、同じスマホでも、写真撮影は好印象なのだとか。「嬉しそうに花嫁をカメラに収めていたり、友人全員で撮りたいからシャッターお願いしますというのは大歓迎。見ていて微笑ましい」のだそう。スマホは、写真撮影のタイミングで取り出すのがベストのようです。

■第1位・・・料理の食べ方が汚い(24.3%/66人)

「学生時代のグループで呼ばれたとき、テーブルが突如ガタガタと揺れ出し、皆で地震?と動揺していたら、なんと!ある女性が肉を切ろうとしていただけだった……別の意味で驚きました」「ナイフについたソースを舐めている女性、いま思い出しても恐ろしい」などの声が!

男性がドン引きしてしまう女性のNGマナー、飲み過ぎ、スマホに続き、第1位は“料理の食べ方が汚い”でした。料理の食べ方が汚い=生活面もだらしなさそうなイメージ、生理的に受け付けられないという男性が多いようです。

新郎新婦を含め、ゲストの心に残る最高の結婚式・披露宴には一人一人のマナーが問われます。生涯、幸せな結婚生活を送るためにも、ぜひ美しい立ち振る舞いで参列したいものですね。

【関連記事】

加藤綾子アナはやっぱりモテ女!「男が引き寄せられる」メールテク3つ