写真提供:マイナビニュース

写真拡大

残業帰りの電車の中で、日課の大好きなアニメ専用のSNSアカウントを更新。会社ではデキる男を演じる毎日の中、唯一、本当の自分をさらけ出せる大切な場所。でも、僕がもし急に死んでしまったら……。
このアカウントは妻と娘に見られてしまう!? そんなの死んでも死にきれないよー!!
ということで、マイナビニュース男性会員500名に「自分が死んだとき、これだけは見られたくない! というものはある?」と尋ねたところ、「ある」と回答したのは55.3%だった。今回は、そんな彼らが絶対見られたくないものをランキングでご紹介しよう。

>>女性編も見る

Q.自分が死んだとき、これだけは見られたくないものといえば?

1位 パソコン         57.2%
2位 携帯電話・スマートフォン 38.0%
3位 隠していたマンガや本   13.9%
4位 手帳           10.2%
4位 通帳           10.2%

Q.その理由を教えてください。また、見られないように対策をしている方は、その方法も教えてください。

■パソコン
・「18禁すぎる画像が保存しているから」(35歳/フードビジネス(洋食)/販売・サービス関連)
・「萌えキャラ画像やエッチな画像・動画がたくさん保存してあるから」(44歳/精密機器/技能工・運輸・設備関連)
・「趣味がばれる……!」(31歳/重電・産業用電気機器/技能工・運輸・設備関連)
・「秘密の写真等が入っているから見られたくないが、特に対策はしていない」(36歳/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
・「人に見られたら死にたくなるような画像が入っているから」(48歳/フードビジネス/事務・企画・経営関連)

■携帯電話・スマートフォン
・「恥ずかしい写真が入っているから見られたくない。対策は特にしていない」(40歳/官公庁/公共サービス関連)
・「検索履歴を見られたくないから」(44歳/その他)
・「個人情報のほとんどが入っているし、知られたくない趣味があるから」(49歳/投資信託委託・投資顧問/営業関連)
・「メールや画像を見られたくない。ヤバいメールは読んだらすぐに消すようにしている」(50歳/輸送用機器/営業関連)
・「現在は独身だが、過去に交際していた人とのやり取り、写真を保存しているので、許可なく見られると思うとゾッとする」(36歳/専門店/販売・サービス関連)

■隠していたマンガや本
・「萌えアニメも含まれているから……」(45歳/その他)
・「アダルト関係はさすがに恥ずかしい」(37歳/流通・チェーンストア/販売・サービス関連)
・「自分の性的な興味に関わるものを見られるのは1番嫌だから」(20歳/学生)
・「知られたくない趣味が露呈してしまうので見られたくない」(23歳/フリーター)
・「本当の自分を知られてしまうから」(45歳/輸送用機器/その他技術職)

■その他
・「死に顔。とても情けない気がするので」(60歳/その他)
・「クレジットカードの利用残高。クレジットカードのリボ払い残高が多いから」(29歳/海運・鉄道・空輸・陸運/公共サービス関連)

○総評

マイナビニュースでは、2013年にも同調査を行っているが、前回の調査でも1位はパソコン、2位は携帯電話・スマートフォンという結果だった。

▽隠し切りたい「男の秘密」
1位のパソコンから3位の隠していたマンガや本まで、見られたくない理由は、主に「エロ関連」だった。理由に関しては、3年前と大きな変化もなく、永遠のテーマに頭を抱える人は多い様子。しかし、女性を対象に行った同調査に比べ、「対策をしている」というコメントは少ないという印象だった。

▽「過去の恋」でも死ぬまで一緒?
今回の調査で、以下のような声がいくつか見られた。
「過去の異性遍歴は、自分の死後も知られたくない。対策として、写真は可能な限り電子媒体などに移動。配偶者はもちろん、誰にも解けないパスワードをつけている」
「エロ画像」などについては、「見られたくない!」と言いつつも、実際に対策をとっている人は少なかったが、「過去の恋」については徹底して対策をとる人が多いことが印象的だった。過去の出来事とはいえ、大事な思い出ということだろうか。パートナーや家族に、あらぬ誤解を与えないよう、厳重にセキュリティ対策を施してほしいものである。

調査時期:2016年4月7日〜2016年4月21日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:男性300名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

※写真は本文と関係ありません