第七十条 (内閣総理大臣の欠缺又は総選挙施行による総辞職)

内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があつたときは、内閣は、総辞職をしなければならない。

(つづく)