1年ぶりに日本代表のゴールマウスを守り、PKを阻止した川島。試合後には満面の笑みを見せた。茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンカップ]日本代表7-2ブルガリア代表
6月3日/豊田スタジアム
 
 7ゴールを奪い快勝したブルガリア戦に特別な感情を持って臨んだ男がいた。それは昨年6月のワールドカップアジア2次予戦のシンガポール戦以来、約1年ぶりに日本のゴールマウスを守った川島永嗣だ。
 
 川島はこの1年、紆余曲折の日々を経てきた。昨年5月に3シーズン過ごしたスタンダール・リエージュを退団するも、その後は新天地が見つからず、浪人生活を強いられた。昨年12月にはスコットランドのダンディー・ユナイテッドへの加入が決まるが、チーム成績は振るわず降格の憂き目に遭った。
 
 日本代表には3月のワールドカップ2次予選、アフガニスタン戦、シリア戦で約9か月ぶりの復帰を果たしたが、出場はなし。川島不在の間には西川周作が台頭し、東口順昭も存在感を高めていた。
 
 それだけに久々の代表戦に「気持ち的に高ぶるものもあった」という。
 
「ここまでいろいろなことがあった。チームが決まらず、練習できない時もありました。でもそういう時でも成長するためにやってきた。自分ができることをやりたいと思っていた。これは始まりにすぎないです。今後はどれだけ勝利に結びつくプレーができるかが大事。もっと成長したいし、続けてやっていきたい」
 
 勝利に結びつくプレーを――。その想いは、記者席まで聞こえるような大声でのコーチングとなってピッチへ広がった。また、22分には、相手FWの会心のヘッドをファインセーブしている。そして最大の見せ場は試合終了間際、相手のPKの場面だった。
 
「ギリギリまで待とうと思っていました。最初は右利きの選手が蹴ると思っていたんですが、左利きの選手が蹴った。最後まで我慢して、調度タイミングが合いました」
 
 そう語った守護神は、素早い反応と強靭な左手で相手の強烈なシュートを阻んで見せた。
 
 試合後、ハリルホジッチ監督も「素晴らしいプレーをしてくれた」と、その活躍ぶりを賞賛した。
 
 ただ、2失点した自身の出来とチームのパフォーマンスには課題を挙げる。
「今日は勝てたし、PKを止められたのは良かったが、2失点しているし満足はしていないです。今後、厳しい試合になった時に1点の重みというのは違ってくる。そこは意識しなくてはいけない。
 
 多くの点が入れば集中力が切れやすくなります。でも、新しい選手が入って来ても自分たちとしてなにをするかを徹底しておかないといけない。今日はそこが曖昧になってしまった。守備では前に奪いに行っても中途半端になったことがあった。誰が出ても同じことをできるようにならないといけない。これを良い反省に次に進みたい」
 
 勝って兜の緒を締める――これまで幾度も日本のピンチを救ってきた百戦錬磨の男は、日本が勝つために常に危機感を抱いている。
 
「ピッチに立ちたいですが、代表が強くなるために自分がなにをできるかも考えていきたい」。そう語る男がハリルジャパンにどんな変化を生み出してくれるのか楽しみだ。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)