名古屋時代にホームスタジアムとした豊田スタジアムで2ゴールと輝いた吉田。チームメイトからも祝福された。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンカップ]日本代表7-2ブルガリア代表
6月3日/豊田スタジアム
 
「想い入れのあるスタジアムでプレーできたのはすごく嬉しいことでした。友人や家族、まあアモーレも来ていたので(笑)」
 
 7ゴールを奪い快勝したブルガリア戦、そのうちの2ゴールを取ったのは意外なことにCBの吉田麻也だった。
 
 1点目はショートコーナーから森重の折り返しを頭で押し込み、2点目は、清武のクロスを冷静に流し込んだ。特にFW顔負けのポジションニングで奪った2点目には、多くの人が驚かされたことだろう。なぜ吉田はあそこにいたのか。本人はこう証言する。
 
「上がっていたというか、CKの残りで、最初のタイミングでロングボールが来ると思っていたんです。でも、ロングボールは来なかった。それでもキヨ(清武)と目があって中にいれば来るなと感じたんです。ミーティングではファーサイドが空くと言われてもいました。2ゴールを取ったことがなかったので良かったですね」
 
 吉田にとって、豊田スアタジアムは名古屋時代に数々の汗と涙を流した想い入れのある地だ。だからこそ試合前には逸る気持ちがあった。ただそれと同時に、ディフェンスリーダーとして冷静さを保たなくてはいけないという強い想いも芽生えていた。
 
 入れ込みすぎず、かといって冷めすぎず。頭を整理して、序盤から自慢のフィード力を活かして前線にボールを供給していく。
 
「(ブルガリアは)かなり守備は強いと聞いていたし、立ち上がりは意図して長いボールを蹴りました」
 
 吉田のプレーが奏功したのか、この日の日本は流れるような攻撃を見せ、ブルガリアを圧倒していく。7-2の完勝劇に、豊田スタジアムに集まったサポーターは大いに沸いた。
 
 しかし、吉田は2失点した事実を看過できないともいう。
 
「(2失点目の時は特に)メンバーも多く変わって、相手もやる気をなくしていた部分があった。だからこそもう少し締めてやらなくてはいけなかった。次のボスニア(・ヘルツェゴビナ)はより強いと思うので、修正していきたい」
 2点目を奪われたシーンは以前から課題として挙げていたカウンターからだった。3月のワールドカップアジア2次予選のシリア戦では、そのカウンターから多くのチャンスを作られ、「このような守備じゃ上にいった時に苦しい。改善しなくてはいけない」と語っていたが、またも同じ形で点を失うことになった。
 
「修正したい」。その言葉には力が入る。来週火曜日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦では今度はDFとして無失点勝利を果たし歓喜を味わえるのか。ハリルジャパンの守備の要の挽回力には期待したい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)