ブルガリアを7−2で一蹴。快勝劇を呼び込んだのは、チームを勢いに乗せた開始早々の岡崎の先制点だった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 [キリンカップ]日本代表7-2ブルガリア代表
6月3日/豊田スタジアム

 ブルガリア戦で大量7ゴールの口火を切ったのは、日本代表が誇る”兵庫県ホットライン”だった。
 
 立ち上がりの4分。スルスルと右サイドにポジションを上げた柏木がボールを受けると、DFをかわして中央をルックアップし、ゴール前に浮き球のラストパスを送る。これに反応した岡崎が、絶妙なタイミングで相手DFの背後に抜け出し、フリーでヘディングシュートを沈めた。
 
 兵庫県たつの市育ちの柏木から、兵庫県宝塚市出身の岡崎へ――。まさに阿吽の呼吸と言える抜群のコンビネーションで、ブルガリアのゴールをこじ開けた。
 
 日本代表はその後、香川と吉田が2ゴールを奪い、宇佐美がチーム6点目。最後は浅野のPKによる代表初ゴールも生まれ、7-2でブルガリアを一蹴した。この快勝劇を呼び込んだのは、チームを勢いに乗せた開始早々の先制点だったと言ってもいいだろう。
 
 そのゴールシーンを振り返って、岡崎は次のように語った。
 
「早い時間帯に先制点を狙っていました。ちょっとオフサイドかなと思ったんですが、取られなかったので、良いタイミングだったかなと。左利きの選手が持ってあそこに出してくれるのは、自分の持ち味が生きると思う。ボランチの選手が見てくれる回数を増やしてもらえるようにしていたんですけど、一発目でそれが入って良かったです」
 
 さらに、ある記者が「練習中から柏木選手と確認していた?」と話を向けると「してないです」と応えた。即興であれだけのコンビネーションを見せるのだから、岡崎と柏木の相性は、こちらが想像する以上に良いのかもしれない。
 
 岡崎によれば、ゴールを奪う肝になったのは、柏木のポジショニングだという。
 
「(柏木)陽介はだいたい左の位置のボランチですけど、(ラストパスを出した)あの位置で受けてくれると、あのパスが出る。その時は、結構狙っていましたね。陽介が持つと見てないようなところでもパスを出してくれる意識があるので」
 普段はピッチの左半分でボールを持つことが多い柏木が、あの瞬間は右サイドでボールを受けた。身体を開いて左足にボールを置いた柏木の視界は大きく開け、ゴール前へ斜めに走り込んでくる岡崎がハッキリと目に飛び込んできたに違いない。

 柏木自身は「自分もやっとこの代表に多少慣れて、多少良くなってきた」としながらも、「ただ、少し慌てている部分もある。自信は持ってやっているけど、まだいつもより見えていない時もある」と反省も口にした。

 とはいえ、このボランチの行動半径が広がり、縦パスを供給する頻度も増しているのは、ブルガリア戦のパフォーマンスが証明しているのではないだろうか。
  
 裏を取る感覚に長けた岡崎と、その動きを見逃さずにラストパスを届ける柏木。互いの特長を引き出し合う”兵庫県ホットライン”は、今後も日本代表にゴールをもたらしてくれそうな気配だ。