ドリブルで突破を図る柏木。Jリーグでは感じられない寄せの速さ、強さを体感した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンカップ]日本代表7-2ブルガリア代表
6月3日/豊田スタジアム
 
 ゴールラッシュの口火を切る岡崎慎司のゴールを演出したのは、紛れもなく絶妙なタイミングでクロスを供給した柏木陽介である。しかし、本人から出てくるのは先制点をお膳立てした手応えよりも、「もうちょっとできるかなあ」というボヤキにも似たコメントだ。決してこの日の出来に満足はしていない、という想いが伝わってくる。
 
「やっとこの代表にも多少慣れてきたけど、もうちょっとできる部分があるし、少し慌ててしまう部分もある。自信は持ってやっているけど、まだいつもより見えていないと感じる時がある」
 
 前半はタイトな守備と的確なパスさばきで中盤を支配。ブルガリアにつけ入る隙を与えなかった。しかし後半は反撃に出てきた相手の攻勢に押され、ボールを奪われるシーンも目に付いた。
 
「やっぱり、後ろから来た選手とかがまだ見えていない時がある。逆に来るだろうなという時にターンでかわしたりとか、そういう余裕を持てたらいい」
 
 自らの現在地を測るうえで、欧州の伝統国と対戦できるこのキリンカップは絶好の機会だろう。そして実際に手合せしたからこそ、見えてきたものもある。
「Jリーグなら(アプローチに)来ないところでも、来たりする時がある。そこは海外の良い選手のプレーを見ながら勉強していきたい」
 
 未知なる世界への好奇心は旺盛で、さらなる成長を渇望する。ここに来て、柏木の成長曲線が再び上昇カーブを描いているのは、そんな「貪欲さ」に理由があるのかもしれない。