©2016 Disney

写真拡大

大ヒット公開中の映画『ズートピア』。

【画像15枚】ディズニー長編アニメーションの原点『白雪姫』フォトギャラリー

ディズニー長編アニメーション第55作品目として公開された『ズートピア』は歴史的な記録を作ろうとしています。

近年大ヒット作品を連発しているディズニー長編アニメーション。

その魅力の秘訣は55作品の長い伝統にあります。

すべては約80年前、1937年に公開された『白雪姫』から始まりました。

ディズニーの伝統 動物映画の原点

『ズートピア』の魅力は、なんといってもジュディやニックをはじめとする可愛らしい動物たち。

ミッキーやオズワルドがそうであったように、アニメーションは昔から動物を擬人化したものが多くありました。

世界初の長編アニメーションとなった『白雪姫』でも森に逃げ込んだ白雪姫を手助けする動物がたくさん登場。

1時間以上もアニメを見ていられないと思われていた時代、ただの恋愛物語だけでなく、七人のこびとや森の動物たちとのシーン、歌を入れることで、誰もが飽きずに楽しめ、アニメーションでしか表現できない要素となりました。

人間が主役のプリンセス映画でも、シンデレラのガスとジャック、ラプンツェルのパスカルなどなど、相棒として動物が登場することが多くあります。

ウォルトは動物をアニメーションにする際、本物らしさにこだわりました。
『バンビ』など動物の世界を描く作品では特にこだわり、スタジオに実際の動物を連れてきてスケッチを行うほど。

これは、『ズートピア』でも続いており、ミスター・ビッグのトガリネズミなどは監督たちが実際にその凶暴性を見て驚いています。

また、バイロン・ハワード監督が最も好きで参考にしたという動物映画は『ロビン・フッド』。
森で暮らす動物たちの生き生きとした性格が見事に表現されています。

『ズートピア』は決して子供だましの映画ではなく、大人まで誰もが楽しめる深い物語と世界観が人気となっています。

最新技術と世界観が繋ぐ伝統

『白雪姫』からディズニー長編アニメーションは常に最先端の技術を追い続けてきました。

ディズニー長編アニメーション2作目『ピノキオ』の冒頭シーンで使われたマルチプレーンカメラでの街の俯瞰は

『ズートピア』の街づくりに大きな影響を与えたとリッチ・ムーア監督は述べています。

白雪姫はけっこう「怖い」


『白雪姫』はただの恋愛物語ではなく、白雪姫の冒険物語でもあります。

単なる恋物語にならないよう、白雪姫の「怖い」という感情もしっかりと表現。

森に逃げ込むシーンなどは、今見ても恐ろしさのある映像です。

物語にメリハリをつけることで、主人公に感情移入できるような仕掛けがディズニーアニメーションには隠されています。

いまもう一度振り返る『白雪姫』

ディズニー長編アニメーションの長い歴史はすべての『白雪姫』から始まりました。

長いアニメなど見られない、ディズニーの道楽と揶揄された作品でしたが、いざ封切られてみると大ヒット。

当時の物価と換算すると、いまだに『白雪姫』を超える観客動員数を記録したアニメーションはありません。

あの『アナと雪の女王』すら観客動員数では『白雪姫』に及ばないのです。

それほどの歴史的大ヒットをうけ、長編アニメーションの歴史が切り開かれました。

それから約80年、ディズニーは大きく成長し、いま3度目の黄金期を迎えています。

『ズートピア』を、そしてこれから公開される『モアナ』などの映画たちをもっと楽しむために、いま『白雪姫』を見直してみるのも良いかもしれません。

『白雪姫 MovieNEX』

☆他にもボーナス・コンテンツを多数収録!

発売日: 2016年5月18日(水)/価格:4,000 円+税
*いつでもどこでも楽しめる、デジタルも配信中!