レーティング:日本代表 7-2 ブルガリア代表《キリンカップサッカー2016》

写真拡大

▽キリンカップサッカー2016の日本代表vsブルガリア代表が3日に豊田スタジアムで行われ、日本が7-2で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。



▽日本採点

GK

1 川島永嗣 6.5

前半にビッグセーブを披露し、大勝の流れに貢献。PKもストップ

DF

19 酒井宏樹 6.5

好パフォーマンス。何度か良質なクロスを供給し、宇佐美のゴールを呼び込む

22 吉田麻也 6.5

代表戦初となる1試合2ゴールも失点に絡む

(→2 昌子源 -)

6 森重真人 6.0

的確な落としで吉田のゴールをアシストした。守備はまずまず

5 長友佑都 6.5

“アモーレ”平愛梨さんの前で躍動。絶妙クロスで香川のゴールをお膳立てした。守備も上々

MF

14 小林悠 5.5

好ボールを供給して3点目を演出も、クラブチームでのような持ち味は出しきれず

(→18 浅野拓磨 6.5)

積極的に仕掛ける姿勢を見せる。自身の獲得したPKで代表初ゴール

17 長谷部誠 6.0

低いポジションでうまくバランスを取る。4点目の起点に

(→3 遠藤航 -)

10 香川真司 7.0

好ポジショニングからのヘディングシュートでチーム2点目を記録し、見事なターンで3点目。前半終盤に負傷交代

(→11 宇佐美貴史 6.0)

見事なコントロールシュートでチーム6点目を記録した

7 柏木陽介 6.5

絶妙なタイミングでの浮き球パスで岡崎の先制点をアシスト。よく組み立てに関与した

13 清武弘嗣 7.0

スルーでうまく囮になって3点目に絡み、吉田のチーム5点目をお膳立て

(→8 原口元気 5.0)

楽な展開で投入されたが、決定的なプレーはなし。PK献上

FW

9 岡崎慎司 6.0

代表通算49得点目。素晴らしい飛び出しから早々に先制点を奪う

(→15 金崎夢生 5.5)

丁寧なリターンパスで5点目に絡んだ

監督

ハリルホジッチ 6.5

2失点したものの7発大勝で決勝に進出

▽ブルガリア採点

GK

1 ミトレフ 4.5

大きな責任なしも大量失点

DF

2 S・ポポフ 5.0

好クロスで決定機を演出したが、3失点目では香川に出し抜かれる

(→14 バシレフ 4.5)

自サイドで押し込まれ続ける

4 G・テルジエフ 4.0

PK献上。乱雑なポジショニングで大量失点を許す

3 A・アレクサンドロフ 4.5

2失点目では人に対するマークが甘かった

(→16 I・イバノフ 5.0)

守備を締めなおすことはできなかった

20 Z・ミラノフ 4.5

酒井宏の攻め上がりに苦慮して崩された

MF

7 M・アレクサンドロフ 6.0

一矢報いるゴールを記録した

(→19 G・イバノフ 6.0)

PKを獲得するプレーを見せた

18 チョチェフ 6.0

守備に走りながらも、終盤に意地のゴールを奪った

10 ポポフ 4.5

なかなかボールを受けることができなかった

(→22 ベレフ 5.0)

何もできなかった

21 ディアコフ 4.5

清武や香川にバイタルのギャップを突かれた

11 ナシメント 4.5

守備に回るばかりで何もできず

(→17 G・ミラノフ 4.5)

前者と同様に守備に追われた。PK失敗

FW

8 ランゲロフ 5.5

前半に惜しいヘディングシュートでゴールに近づく

(→23 V・フリストフ -)

監督

ペレフ 4.0

緩慢な守備組織で日本に蹂躙された

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

清武弘嗣(日本)

▽香川も素晴らしかったが、前半のみの出場となったので清武を選出。ゴールはなかったが、絶妙なポジショニングやフリーラン、パスなどで攻撃陣を牽引した。

日本 7-2 ブルガリア

【日本】

岡崎慎司(前4)

香川真司(前27)

香川真司(前35)

吉田麻也(前38)

吉田麻也(後8)

宇佐美貴史(後12)

浅野拓磨(後42[PK])

【ブルガリア】

M・アレクサンドロフ(後14)

チョチェフ(後37)