この一杯のために行く価値あり。沖縄のローカルが愛するコーヒー

写真拡大 (全5枚)

先日、沖縄に行ってきました! はじめてではないので有名な観光地に行ったり、ビーチでゆっくり過ごすというわけでもなく、ローカルが愛するカルチャーを巡ってきました。
知らなかった沖縄がたくさん!
今回、参考にしたのが、スタイリッシュな旅を提案する「otoCoto OKINAWA」が手がけた『COFFEE & BAKERY OKINAWA 沖縄の旅を演出するおいしいコーヒーとパン』。朝からローカルでにぎわうウエストコーストのミニフードコート、海と山々に恵まれたスローな村にある週に一度だけ開店するパン屋など沖縄のカフェとベーカリーの最新情報が詰まった一冊です。
いままでの沖縄のイメージを覆すガイドブックで、この本を片手にカフェ&ベーカリー巡りをするだけでもわざわざ沖縄に行きたい! と思わずにはいられません。
沖縄で愛され続ける老舗コーヒー焙煎店

浦添市港川には、かつてアメリカ人が住んでいた戸建ての外人住宅街があります。現在は店舗用に改装され、セレクトショップ、古着屋、ベーカリー、フルーツタルト専門店など個性あふれるお店が軒を連ねていてどこかタイムスリップしたような懐かしい雰囲気。

中でもお散歩の途中に立ち寄りたいのが、1986年に創業したコーヒーロースター「沖縄セラードコーヒー」です。1997年からこの場所で自家焙煎工房を営み、そのおいしさから、沖縄県内のカフェやベーカリーで長年愛され続けている味。その沖縄セラードコーヒーが、

「コーヒーがどれだけおいしいか、まだまだ伝わってない」
「自分で淹れるコーヒーが、ほんのすこしのコツをおさえれば、もっとおいしくなる」
「自分が好きなコーヒーを、はっきり言葉にできると毎日がもっと幸せになる」

との思いから焙煎店の隣にコーヒースタンド「Beans Store」をオープン。息子さんが店長となって、その人に合ったコーヒーとの出会いを提供しています。

スペシャルティコーヒーがラインナップ!
オーダーは店長さんの「どんな味が好きなのか? 」というヒアリングからはじまり、いろいろ質問されながら、自分の好きなテイストを選んでいただきそのコーヒーを目の前でドリップしてくれます。

いままでぼやっとしていた好きな味も教えてもらうことで 自分もコーヒー通になった気分に。お店では小売もしているので、家でこだわりコーヒーを飲みたいと思っている人にもおすすめ。店長さんが家でおいしく淹れるコツも教えれくれます。
沖縄で父から息子へ受け継がれるこだわりの味は沖縄のゆったりとした空気も相まって、とても癒されました。芳ばしい珈琲の香りに誘われて、焙煎工房の隣で飲むコーヒーは格別! この一杯のために訪れる価値ありますよ。
[沖縄セラードコーヒー Bean Store]

あわせて読みたい
スロードリップの波が来る。自宅で本格水出しコーヒー
休日行くなら朝イチで。清澄白河リアルコーヒー事情
本郷で楽しむアートな空間、おいしいコーヒー、リノベカフェの魅力
本を探しに無印へ。長居しちゃうMUJIBOOKS恵比寿に登場

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。