アシストの長友、“アモーレ”平愛梨さんに「いいプレーも勝利も届けられた」

写真拡大

 キリンカップサッカー2016準決勝が3日に行われ、日本代表はブルガリア代表と対戦した。日本は開始4分にFW岡崎慎司(レスター/イングランド)のゴールで先制すると、迎えた27分にDF長友佑都(インテル/イタリア)のクロスをMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)が頭で合わせて追加点を奪取。その後もゴールを重ね、7−2で勝利を収めた。

 香川の得点をアシストした長友は「真司がすごくいい形で入ってくれたので、ますは真司に感謝ですね」と得点を挙げた香川を称賛。「早めに(クロスを)上げるという練習をしていた」と、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の狙いどおりだったことを明かした。

 長友は同日発売の写真週刊誌『フライデー』に女優の平愛梨さんとの交際を報じられた。2日の前日練習後に緊急取材に応じ、「自分自身にとって大切な人。僕のアモーレですね。イタリア語で“愛する人”という意味」と堂々の交際宣言していた。平さんは妹で女優の平祐奈さん、親友であり長友との交際において“キューピッド”役となったお笑い芸人の三瓶さんとともにスタンドで試合を観戦。長友がアシストした際には喜びを表していた。

 インタビュアーを務めた元日本代表の中山雅史氏に「“アモーレ”にプレーを見せられましたけど、(今の心境は)どうですか?」と問われると、「(いい)プレーもそうですけど、今日は勝利を届けられて(よかったです)。また、サポーターもこんなにたくさん集まってくれたので、勝利を届けられて嬉しく思います」と笑顔でコメントした。