2日、環球時報などによると、中国四川省の教室で天井に設置されたシーリングファンが落下し、生徒が負傷する事故があった。

写真拡大

2016年6月2日、環球時報などによると、中国四川省の教室で天井に設置されたシーリングファン(天井扇)が落下し、生徒が負傷する事故があった。このニュースは一時、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索ワードランキングで1位となった。

【その他の写真】

1日、四川省資陽市雁江区にある中学校の教室で、稼働中のシーリングファンが突然、落下し、下にいた生徒が頭部を負傷するなどした。教育局によると、シーリングファンを固定していた部分の留め具が外れたことが原因。同局は区内のほかの施設のシーリングファンをすべて調査している。

このニュースは中国で大きな注目を集め、ネットユーザーからは「ずっと危ないと思ってたんだよ」「学校に行ってた時はいつも落ちるんじゃないかと思ってた」「子どものころに一番心配していた事故が起きた」「学生時代にクラスメートみんなが心配していたこと」といったコメントが殺到している。(翻訳・編集/北田)