日本代表選手の「結婚年齢」は、平均で何歳なのか?

写真拡大

2日、大きなニュースが飛び込んできた。

日本代表DF長友佑都が、タレントの平愛梨さんと交際していると報じられたのだ。

後に平さんはブログを更新し交際の事実を認めた。それによれば、「結婚を前提に俺について来て下さい」という告白があったようである。

また長友も練習後にコメントを発表し、平さんを「アモーレ(愛する人)」と表現。具体的な結婚の予定はないが、前向きに検討しているという。

晩婚化が進む日本だが、サッカー選手は比較的早くに身を固めがちだ。日本代表選手ともなれば、妻帯率も高くなる。

では、日本代表選手の「結婚年齢」は平均で何歳で、どれほどの割合が結婚しているのだろうか?

余計なお世話であるのは承知だが、キリンカップ2016に向けた代表選手25選手のデータを調べてみた。

<キリンカップ2016に出場する日本代表選手25名の結婚年齢>

【既婚】

西川 周作(現在29歳)
→21歳の時に入籍

東口 順昭(現在30歳)
→25歳の時に入籍(ソースはこちら

川島 永嗣(現在33歳)
→31歳の時に入籍(ソースはこちら)

酒井 宏樹(現在26歳)
→24歳の時に入籍(ソースはこちら)

酒井 高徳(現在25歳)
→19歳の時に入籍(ソースはこちら)

吉田 麻也(現在27歳)
→23 or 24歳の時に結婚(ソースはこちら)

森重 真人(現在29歳)
→22歳の時に入籍(ソースはこちら)

丸山 祐市(現在26歳)
→26歳の時に入籍(ソースはこちら)

柏木 陽介(現在28歳)
→28歳の時に入籍(ソースはこちら)

遠藤 航(現在23歳)
→19歳の時に入籍(ソースはこちら)

清武 弘嗣(現在26歳)
→21歳の時に入籍(ソースはこちら)

本田 圭佑(現在29歳)
→22歳の時に入籍

小林 悠(現在28歳)
→23歳の時に入籍(ソースはこちら)

宇佐美 貴史(現在24歳)
→19歳の時に入籍

原口 元気(現在25歳)
→24歳の時に入籍(ソースはこちら)

岡崎 慎司(現在30歳)
→22歳の時に入籍(ソースはこちら)

【未婚】

長友 佑都(現在29歳)
槙野 智章(現在29歳)
昌子 源(現在23歳)
長谷部 誠(現在32歳)
香川 真司(現在27歳)
大島 僚太(現在23歳)
小林 祐希(現在24歳)
金崎 夢生 (現在27歳)
浅野 拓磨(現在21歳)

==============================

★平均年齢:25.8歳
★既婚者の平均結婚年齢:23.09歳

※結婚や入籍のソースは選手や所属クラブの公式サイトを参照
※正確な入籍の時期が不明である吉田については、可能性がある23歳と24歳の平均「23.5歳」で計算
※結婚や入籍にまつわる情報を収集できなかった選手を「未婚」と判定

今回のキリンカップに向け招集された25選手のうちに入籍しているのは16人おり、そのの平均結婚年齢を計算すると23.09歳という結果になった。

総務省「国勢調査」によれば、2013年における日本人男性の平均初婚年齢は30.9歳となっており、やはりサッカー選手は平均でかなり早い段階で結婚していることが分かる。

なお、日本代表選手の平均年齢は25.8歳。

25人のうち既婚者は16名、未婚者は9名という内訳であり、既婚者の割合は64%であった。