じめじめする季節…でも屋内は冷房で乾燥するから肌の乾燥には注意

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 暑くなってきましたね。

 ついこの間まで、コートを着ていたような気がするんですが。年をとると月日が経つのが本当に早いです‥‥。

 そんな私の愚痴(?)は置いといて、先日ショッピングモールに入ったときのことです。冷房が効いていたんですね。

「もうそういう時期か」と思いつつ、「これからは冷房の乾燥に気を付けないと」と、そんなことを考えていました。空気の乾燥は、お肌の乾燥の原因にもなります。エステサロンの先生方に取材していて、そう教えていただきました。

 でも、そのときふと疑問に思ったんです。どうして空気が乾燥していると、お肌も乾燥しやすいんでしょうか? たしかに、空気の乾いた冬も、お肌は乾燥しがちですよね。

 例えば、グラスに水を入れて置いておくと、水は蒸発しますよね。お肌も同じように、水分が蒸発しているんです。

 お肌にはバリア機能があって、中の水分が蒸発しないように防ぐ働きもあります。ただ、それでも外の環境の影響は受けてしまいます。

 空気が乾燥していると、お肌の水分も蒸発しやすく、それによってお肌は乾燥してしまうんです。

 ちなみに、お肌にいい湿度は60〜65%といわれています。つまり、湿度が60%以下のときは、お肌が乾燥しやすいと考えてもいいかもしれません。

 夏は湿度の高いシーズンです。ただ、屋内は冷房で乾燥しがちですから、お肌の乾燥対策は、引き続き怠らないことが大切です。

キレイの先生 http://kireinosensei.com/