『インフェルノ』

写真拡大

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で旋風を巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06年)と、その続編で、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09年)。ともに大ヒットしたこのシリーズの第3弾となる『インフェルノ』の予告編が解禁となった。

[動画]『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ最新作/映画『インフェルノ』予告編

解禁となった予告編は、「スイッチがある」「押せば人類の半分が死ぬ」「だが押さないと、人類は100年で滅ぶ」という謎の男の不吉なセリフとともにスタート。「全てはお前次第だ」と続き、主人公ロバート・ラングドン教授の姿がクローズアップされる。

そして、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄篇(インフェルノ)>に秘められた暗号や、人類滅亡の恐ろしい計画を企てている謎の男が登場。予告編後半では人類を滅ぼすほどの強力な伝染病の存在も明らかになる。

いったい何が起こっているのか? 主人公のラングドン教授は、前2作同様トム・ハンクス。彼とともに謎を追う美貌の女医シエナを、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、『スター・ウォーズ』のスピンオフ作品『ローグ・ワン:ア・スターウォーズ・ストーリー(原題)』で主演するフェリシティ・ジョーンズがつとめる。前2作同様、ロン・ハワード監督がメガホンをとる。

『インフェルノ』は10月28日より日米同時公開となる。

【関連記事】
『ダ・ヴィンチ・コード』第3弾『インフェルノ』の日米同時公開が決定!
『天使と悪魔』で来日のトム・ハンクス。続編への意欲も満々!
「神に対する冒涜」で、ヴァチカンがトム・ハンクス主演作『天使と悪魔』をボイコット?
トム・ハンクスらが『ダ・ヴィンチ・コード』続編の記者会見に出席