ホンダ、125ccスポーツモデル「グロム」の外観を一新し6月9日発売

写真拡大

 ホンダは、125ccスポーツモデル「グロム」の外観を一新し、6月9日に発売する。
「グロム」は、2013年6月に発売し、コンパクトで扱いやすい車体サイズと、倒立タイプのフロントサスペンションや前・後輪ディスクブレーキなどの大型スポーツモデルを彷彿させる本格的な装備し、トレンドに敏感な若者をはじめ、大型二輪ユーザーのセカンドバイクとしても支持されている原付二種モデル。

【ギャラリー】HONDA GROM (4枚)


 今回、コンパクトでありながらボリューム感と躍動感を強調したグロムのスタイリングを、よりアグレッシブで力強い外観に一新。先進性と高質感を演出する新設計のLEDヘッドライトを採用し、個性的なフロントフェイスをより際立たせ、ボディー形状はエッジを効かせたデザインに変更することで精悍なイメージを高めている。また、ヒンジ式のタンクキャップを新たに採用し、給油時の利便性を高めたほか、イグニッションキーのブレード部を持ち手に収納可能としたフォールディング機能付き「リトラクタブルキー」をホンダの二輪車で初めて採用するなど、遊び心にあふれたモデルとした。
 車体色はパールバレンタインレッド、スポーティーなイメージのレモンアイスイエロー、パールヒマラヤズホワイトの3種類を設定。

「グロム」の製造は、タイのThai Honda Manufacturing Co., Ltd.で行い国内年間販売計画数は、4,500台。希望小売価格(消費税込み)は、345,600円。

■主要諸元通称名グロム車名・型式ホンダ・EBJ-JC61全長×全幅×全高(mm)1,755×730×1,000軸距(mm)1,200最低地上高(mm)155シート高(mm)760車両重量(kg)104乗車定員(人)2最小回転半径(m)1.9エンジン型式・種類JC61E・空冷 4ストローク OHC 単気筒総排気量(cm3)124内径×行程(mm)52.4×57.9圧縮比9.3最高出力(kW[PS]/rpm)7.2[9.8]/7,000最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)11[1.1]/5,250燃料消費率※1(km/L)国土交通省届出値
定地燃費値62.7(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>WMTCモード値(クラス)70.5(クラス1)<1名乗車時>燃料供給装置形式電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>始動方式セルフ式点火装置形式フルトランジスタ式バッテリー点火潤滑方式圧送飛沫併用式燃料タンク容量(L)5.7クラッチ形式湿式多板コイルスプリング式変速機形式常時噛合式4段リターン変速比1 速2.5002 速1.5503 速1.1504 速0.923減速比(1次/2次)3.350/2.266キャスター角(度)/トレール量(mm)25°00´/81タイヤ前120/70-12 51L後130/70-12 56Lブレーキ形式前油圧式ディスク後油圧式ディスク懸架方式前テレスコピック式後スイングアーム式フレーム形式バックボーン■ホンダ 公式サイト