<ヨネックスレディス 初日◇3日◇ヨネックスカントリークラブ(6,423ヤード ・パー72)>
 先週2位タイに入ったポラニ・チュティチャイ(タイ)がこの日開幕した「ヨネックスレディス」初日に1イーグル・7バーディの“63”と爆発。01年に西田智慧子、02年に不動裕理がマークした“64”を1打上回り、14年ぶりに大会コースレコードを更新した。
【関連】ボミ、琴乃、桃子らの初日をフォトギャラリーでプレーバック!
 “63”は自身にとってもベストスコア。先週2位タイや、昨年のステップ・アップ・ツアーの優勝などで「自分に自信がもてるようになった」ことがプレーに良い影響を与えている。また、「日本のゴルフ場や雰囲気にもだいぶなれました。気候や芝がタイとは全然違うので」と環境に適応できたことも大きな後押しとなった。
 最終18番パー5では残り230ヤードのセカンドショットを3番ウッドで2オンに成功、9メートルをねじ込みイーグル締め。他にも11番から4連続バーディを奪うなど圧巻のプレーで2位に5打差をつけるロケットスタートを決めた。
 日本で戦いを続けるのは「父との約束」。4年前に他界した父でありコーチでもあったブンシューさんの勧めで日本ツアーへ。父が亡くなったときは「ゴルフから全部父が面倒をみてくれていました。自分の人生をすべて無くしてしまった」と悲しみに打ちひしがれたが、「父は日本での優勝を夢見ていました」と天国の父へカップを届けるために異国に残ることを選んだ。
 米国ではジュニア時代から親交があるアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が3週連続優勝をするなど大活躍中。「彼女ができるなら、私もできる」。友人から大きな刺激を受け、今週こそ父と自身の悲願達成を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【リゾートトラストレディス編】
新記録のかかるボミ、これまでの記録達成の瞬間をフォトギャラリーで