マラリア撲滅は「犬の鼻」にかかっている

写真拡大

マラリアに感染した人の呼吸には、特有の化学物質が含まれる。その物質を犬が嗅ぎ分けることができるように訓練をするプロジェクトが、ガンビアで始まる。感染者を早く見つけることは、マラリア撲滅を早めることにつながるという。

「マラリア撲滅は「犬の鼻」にかかっている」の写真・リンク付きの記事はこちら

犬の鋭敏な嗅覚は、麻薬を見つけ出したり、容疑者を追跡したり、死体を発見したりすることに役立っている。そしてまもなく、「マラリアの検知」もそのリストに加わるかもしれない。

マラリアに感染した人の息には、特有の化学物質が含まれていることがわかっている。犬は、この物質を嗅ぎ分けられるかもしれないのだ。

ロンドン大学で衛生昆虫学の上級講師を務めるジェームズ・ローガン率いる研究チームは、この研究を行うために、ガンビア共和国にある英国医学研究審議会(MRO)の研究ユニットと協力し、ガンビア人の子ども400人から尿と汗のサンプルを収集する予定だ。そのなかには、マラリアに感染しているとわかっている子どもも含まれている。

対象となる子どもたちは、24時間ナイロンの靴下を履いたあと、検査用スワブも使って皮膚の汗のサンプルを採取する。犬は、臭いを手掛かりに、感染者とそうでない人間のサンプルを識別するよう訓練される。

405

現在のマラリアの診断方法は、患者の指に針を刺して採取した血液サンプルを研究所に持ち帰って検査するというものだ。血液サンプルや専門技術を必要としない非侵襲的な方法(生体を傷つけない方法)なら、検出率を改善できるかもしれない。

「犬を使って探知する方法なら研究所は必要ありません。持ち運び可能で、低コストで、たくさんの人間を素早く検査することもできるでしょう」。ローガンは自身のブログでそう述べている。

「犬を使った方法が特に有効なのは、マラリア原虫を保持している人が数人だけというコミュニティです。集団のなかにマラリアを保持し続ける、いわゆる『保有宿主』であるこれらの人々を見分けることは、マラリアの撲滅を劇的に早めることができるからです」。昨年は2億1,400万人がマラリアに感染し、43万8,000人が亡くなっている。

ロンドン大学衛生熱帯医学大学院のほか、ダラム大学などが参加しているこのプロジェクトは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団から7万ポンド(約1,100万円)の補助金と、英国の慈善団体「メディカル・ディテクション・ドッグズ」の支援を受けて研究が進められている。

メディカル・ディテクション・ドッグズは、犬ががんを嗅ぎ分けられるかをテストする団体だ。デイジーというラブラドール犬は息、皮膚、尿など550のサンプルのなかから、乳がんを患う人のものを嗅ぎ分けることができたという。

また、2015年には、アーカンソー医科大学で訓練されたフランキーという名のシェパードが、尿のサンプルから甲状腺がんを嗅ぎ分ける訓練を受け、検知率88パーセントという成果を上げたという。