写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ミツエーリンクスは3日、企業サイト運営に特化したCMS基盤「MLCエンタープライズクラウド on AWS CMSパッケージ」をリリースした。

同社は、WebユーザービリティテストやレスポンシブルWebデザインからSEO、Webサイト運用からシステム開発に映像製作やアプリ開発と広くWeb開発に携わる。W3Cのメンバーでもある同社は、Web標準に準拠したアクセシビリティやDigitalコミュニケーションを意識したコーポレートサイト構築の実績も多数。同社の導入実績ページには2002年から現在に至るまでのおもな対応案件として、その実績がサムネイルで紹介されている。

今回同社が発表したCMS基盤「MLCエンタープライズクラウド on AWS CMSパッケージ」は、ミツエーリンクスのWebサイト構築・運用経験から紡ぎ出されたエンタープライズCMS「WebRelease」を 「Amazon Web Services (AWS)」上で提供するマネージド型クラウドホスティングサービスとなる。

WebReleaseには、スケジュール配信や承認ワークフローや操作履歴、権限管理からサイトテンプレート管理機能にグローバル機能など"企業サイト運営"に求められる特性を備え、"インフラとしてのCMS導入"を掲げるコンテンツマネジメントサービス。

(長岡弥太郎)