1日、世界的な人気ゲームを映像化したファンタジー映画「ウォークラフト」のPRイベントが北京で行われ、ダンカン・ジョーンズ監督、香港の俳優ダニエル・ウー、米女優ポーラ・パットンが出席した。

写真拡大

2016年6月1日、世界的な人気ゲームを映像化したファンタジー映画「ウォークラフト」のPRイベントが北京で行われ、ダンカン・ジョーンズ監督、香港の俳優ダニエル・ウー(呉彦祖)、米女優ポーラ・パットンが出席した。騰訊が伝えた。

【その他の写真】

ブリザード・エンターテイメントの人気ゲームを映像化した「ウォークラフト」は、英歌手デヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズ監督による作品。6月10日にいよいよ全米公開を迎えるが、先に公開されたドイツやフランスなど19カ国・地域で、週末興行ランキング1位を獲得するという好調な滑り出しを見せている。中国で6月8日から、日本では7月1日から公開される。

北京で行われたPRイベントで最も注目されたのは、悪役グルタンを演じた華人俳優ダニエル・ウー。米出身で香港を拠点に活動し、「香港トップイケメン」と呼ばれるほど端正なマスクの持ち主。しかし「ウォークラフト」では特殊メークによって、完全に誰だか分からない状態に。これについてダニエル・ウーは、「自分の顔は見飽きたので、こういう驚きはうれしい」と語っている。

「ウォークラフト」出演オファーが舞い込んだ時、長女が生まれてイクメンに励むべく、一時休業している最中だった。しかし、夫人でモデルのLisa Sがこのゲームの大ファンということで、出演を決定。撮影中、現場見舞いにやって来たLisa Sはグルタン姿の夫を見て、感激のあまり泣いていたという。(翻訳・編集/Mathilda)