31日、四川省成都市の中学校の生徒たちが、校長が発明した「英語マージャン」を体験した。

写真拡大

2016年5月31日、四川省成都市の中学校の生徒たちが、校長が発明した「英語マージャン」を体験した。

【その他の写真】

マージャン牌にはA〜Zまでの26のアルファベットが書かれており、生徒たちは自分の牌を組み合わせて単語を作る。一番多くの単語を作れた生徒の勝ちとなる。勝利した生徒は、その単語を使って英作文を行うという。

ネットユーザーからは「素晴らしい発明だ」「おもしろいし勉強にもなる」と好意的な意見がある一方で、「お金じゃなくて宿題を賭けたらどうだ」「校長はしょっちゅう麻雀をやってるに違いない」「もともとマージャンができなかった子が、校長のおかげで一生やり続けることに…」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田)