先日MAZDAターンパイク箱根の大観山駐車場にて行われた「カワサキU29ミーティング」

当日は多くの若者ライダー達で賑わっていました!今回はイベントの様子をお届けします!

■Z125 PRO遅乗り大会!

1
MotoBeも前から楽しみにしていたZ125 PRO遅乗り大会は案の定盛り上がりました!
決められたコースを足をつかずにどれだけ遅く乗れるかを競う大会です!

MotoBeからも一人が参加しましたが、惜しくも途中で足をついてしまい敗退…。

優勝したのは普段250TRに乗っているライダーでした。MotoBeメンバー優勝の夢は次の機会に持ち越しです…!

■ステージではトークイベントも!


ステージでは愛車自慢大会や、Team GREENに所属するライダー・渡辺一樹選手のトークショーなども開催されていました。

こういうミーティングイベントのステージに上る人って、「ああ…あの人バイクの大先生なんだろうな…」というベテランの方が多い印象だったんですが、U29はそもそも若い人しかいないため、MCもステージに上る人もみんな若者!

他のイベントではあまり見ることのできない新鮮なトークステージでした!

■出店ブース


出店ブースではカワサキ正規取り扱い店の出店がありました。

憧れのマシン、Ninja H2なども展示されていて、色んなバイクがまとまって見られたのでちょっと得した気分。

■参加者達の様々なバイク


参加者たちのバイクを見て歩きまわるのもミーティングイベントの楽しみです。

このイベントは若者限定なんですが、意外にも参加者たちが乗っているバイクの種類は幅広く、ミドルクラスから大型バイク、旧車までさまざまでした!

人のバイクをジロジロと見ているうちにオーナーさんと仲良くなって、バイクトークに花が咲きました。同年代同士で話せるのでなんだか親近感が湧いてきます(笑

最後に友達を作ってミーティングは終了。若者ならではのかなり充実したミーティングでした!

若者しかいない空間だからこそ同じ境遇の仲間に出会えたり、バイク友達が増えたり、新鮮な時間を過ごすことが出来るミーティングです。

次回の開催は6月5日(日)に福岡市ヨットハーバーにて開催予定とのこと。今回の箱根では関東近辺の若者ライダーでしたが、次回は九州方面の若者同士で集まっちゃいましょう!


今回使ったバイクは「Z250SL」。

Ninja 250SLに続くSLシリーズですが、Ninja 250SLとは性格が違い、Zシリーズらしいアップライトポジションで、ライダーの気持ちをその気にさせてくれます!

跨った時の全てが手のひらに収まっている感覚はこのバイクにしかありません。

車体が軽く、ポジションも楽なので細かいワインディングや街が凄く楽しく走れます!

男女問わず、跨って走っているだけでもポジションが崩れにくいので誰が乗ってもかっこいいポジションを自然にとれてしまうから不思議。

排気量は250なのに乗っている感覚ではもっと排気量の小さなバイクに感じるコンパクトさがあるバイクでした!

Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【モタサイ2016】美女キャンギャルまとめ!


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


【強者現る】バイクに乗りながら演奏もしちゃう移動系バンド


フランスのヘルメットメーカー「SHARK」のCMが凄い!


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

若者たちのミーティング!カワサキU29ミーティングに参加してみた!(http://clicccar.com/2016/06/03/375239/)