日本の癒し系シンガーソングライター熊木杏里の中国公演「風の記憶」が、6月3日から、広州、上海、北京で開催される。熊木が中国で正式公演を行うのはこれが初めて。

写真拡大

日本の癒し系シンガーソングライター熊木杏里の中国公演「風の記憶」が、6月3日から、広州、上海、北京で開催される。熊木が中国で正式公演を行うのはこれが初めてであるものの、その透き通る素朴な独特の歌声やさわやかでやさしい曲風を武器に、中国でもすでに多くのファンを獲得している。中国のファンからは親しみを込めて「小熊」と呼ばれている。中国での3公演には、中国で活躍しているシンガーソングライターの程壁(チェン・ビー)もゲストとして登場し、新曲「向着明亮那方」を披露する。新快報が伝えた。

熊木は3月にニューアルバム「飾りのない明日」をリリース。これまでと同じくさわやかな曲のほか、リズミカルな曲も収められており、フレッシュな仕上がりとなっている。リリース後、ファンの間で好評を博し、「どの曲も最高」との声が次々に上がっている。今回の中国公演で、熊木は「風の記憶」や、「夏蝉」などの代表曲のほか、ニューアルバムに収められている曲のほとんどを披露する予定。初夏の香り漂う6月の夜に、ノスタルジックな歌声で、観客の心を癒す。同中国公演は、6月3日、広州の中山紀念堂でスタートする。(提供/人民網日本語版・編集/KN)