2016年中国産業ロボコンが山東省日照市で開かれた。二足歩行競争、人型ロボットの競争、生物医学プロジェクトなど30競技・62種目に、国内外の1261チームの5000人の選手が参加した。資料写真。

写真拡大

2016年中国産業ロボコン(Robo Work)が、先月27−29日にかけて山東省日照市で開かれた。本大会は「スマート製造・スマート日照」をテーマとし、大学チーム、専門学校チーム、青少年チームの3部門に分かれた。二足歩行競争、人型ロボットの競争、生物医学プロジェクトなど30競技・62種目に、国内外の1261チームの5000人の選手が参加した。新華社が伝えた。

清華大学コンピュータ学部の孫増キン教授(キンは土+斤)は、会場で行われた青少年学生との交流・討論会に出席し、「試合中、選手は相手に勝とうとする。そのためには頭を使い、ロボットの技術水準を高める必要がある。これこそがロボコンを開催する直接的な意義であり、影響だ」と述べた。

中国のロボット大会は近年、急速に発展している。孫氏は取材に対して、「中国には産業ロボコン、サービスロボコン、水中ロボコン、教育ロボコン、すべての種類のロボットが参加する中国ロボコンがあり、多くの選手を集めるためさまざまな競技を設けている」と話した。

孫氏は中国のロボット技術と海外の差について、「技術面ではこれまで大きな開きがあったが、中国の経済力と科学研究力の向上に伴い、この差は徐々に縮小されるだろう」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集YF)