写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士重工業は6月3日、タブレット端末を活用した商談支援システム「SUBARU Sales Support システム」を日立製作所と共同で構築したと発表した。8月までに、全国のスバル特約店(44社460店舗)で同システムの利用開始を予定している。

新システムの特徴として、カスタマイズ車両の3D画像の提示で顧客に外観や使用シーンの具体的なイメージを提案できることに加え、顧客の来店から注文までのワンストップ対応、顧客の自宅や勤務先、イベント会場など場所を選ばない提案の実現の3点が挙げられる。

カスタマイズ車両の3D画像の提示による提案は、顧客の要望に応じた条件を入力すると具体的な見積金額と3D画像によるカスタマイズ車両の外観や使用シーンのイメージを瞬時に表示する。画像は360度回転し、多様な角度から車両の外観や内装を確認できるほか、市街地からレジャー、アウトドアなどのシーンとのマッチングを確認でき、顧客は車の使用シーンを臨場感を持ってイメージすることが可能だという。

また、顧客の来店から注文までのワンストップ対応ではタブレット端末上で商談における業務を行うことを可能とし、来店してから試乗、見積もり、注文書作成までを顧客と対面で行うことができる。これにより、従来に比べ顧客を待たせる時間を削減し、要望にも迅速に対応することを可能としている。

さらに、顧客の自宅や勤務先、イベント会場など場所を選ばない提案については、持ち運び可能なタブレット端末を活用しているため、店舗内や顧客の自宅、勤務先、外部のイベント会場など場所を選ばずに提案を行うことができ、スバルブランドを体感する場を増やすことにつなげられるという。

(岩井 健太)