主題歌を歌ういきものがかり(上)と『四月は君の嘘』場面写真(下) (C) 2016映画『四月は君の嘘』製作委員会 (C) 新川直司/講談社

写真拡大

広瀬すずと山崎賢人のW主演で実写映画化される『四月は君の嘘』の主題歌と予告映像が解禁となった。

広瀬すずと山崎賢人が音楽家が奏でる恋愛映画『四月は君の嘘』でW主演

本作は、月刊少年マガジンで連載され、全11巻で累計発行部数400万部(2016年4月現在)を突破する、新川直司による同名人気コミックの映画化。フジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化され、泣ける青春漫画として話題を呼んだ作品。

天真爛漫なヴァイオリニストの宮園かをり役を広瀬、かをりに惹かれていく天才ピアニストの有馬公生役を山崎と、今、最も注目を集める2人が初共演。さらに公生の幼なじみの澤部椿役に石井杏奈、渡亮太役に中川大志とフレッシュなメンバーが顔を揃えている。

そしてこの度、人気アーティストのいきものがかりが、本作の主題歌を担当することが決まった。デビュー10周年の節目を迎えた今年、本作のために書き下ろした新曲で、タイトルは「ラストシーン」。あたたかいメロディと吉岡聖恵のヴォーカルがやさしく寄り添うような、至極のミディアムバラードだ。

また、主題歌とともに解禁となった予告映像は、「拝啓、有馬公生さま。今、君のまわりは何色ですか?」という広瀬のセリフからはじまり、天真爛漫なヴァイオリニストのかをりと、ピアノが弾けなくなった天才ピアニストの公生との出会いと青春、そして、かをりが病気に蝕まれていく様子が、いきものがかりの歌う主題歌とともに描かれていく。

今回の楽曲作成にあたって意識したことについて、いきものがかりは「宮園かをりの笑顔そのものが、物語を生んでくれるような気がしました。原作中の宮園かをりの笑顔や弾き姿が、悲しさも切なさも可愛らしさも、すべてを内包しているような気がして、絵にここまでなにかを触発されるというのは、自分としては初めての体験でした」と答えている。

『四月は君の嘘』は9月10日より全国東宝系にて公開となる。

【関連記事】
広瀬すずと山崎賢人主演『四月は君の嘘』の原作表紙を再現したポスター解禁
広瀬すず、人生初のロングヘアとはかま姿で競技かるたの聖地に登場!
[動画]『時をかける少女』 仲里依紗、いきものがかり 舞台挨拶
いきものがかり・吉岡聖恵がポケモン映画で声優初挑戦! 鳴き声だけで感情表す