賃貸でもOK! BBQ用の「焼き網」で手軽にラックをDIY

写真拡大

部屋の写真を共有するソーシャルサービス「RoomClip」。読者からの投稿型で、いろいろな家づくりのアイデアが掲載されています。

今回は、RoomClipユーザーのreenaさんによる、焼き網とウォールバーで作るリメイク棚を紹介します。

焼き網が使われているなんて、言われなければ気づかないほどの統一感。意外なアイテムを賢く使った、ワザありDIYラックです。


賃貸でもOK。好きなところに作れるワザありラック


用意するもの



・板
・焼き網
・Seriaインテリアウォールバー
・フラットL字金具
・チェーン 2本
・三角カン 3個
・フックピン 2個
・Jフックピン3個(Jの金具は使いません)

STEP1


DIYラック_焼き網_1

棚を設置したい場所に合わせて板をカットします。その板の長さに合わせて焼き網を用意します。

STEP2


DIYラック_焼き網_2

焼き網を直角になるようにグッと折り曲げ、板にL字金具を使い取り付けていきます。

この時、板が長い場合は焼き網を2枚使用するので、真ん中部分にワイヤーなどでグルグル巻きつけ2枚を合わせます。

STEP3


DIYラック_焼き網_3

板の壁側に、三角カンを左右、真ん中の3箇所に取り付けます。

STEP4


DIYラック_焼き網_4

チェーンの穴にビスを通し、板の下側左右に取り付けます。

この時、チェーンからビスが抜けないように皿部分が大きめのビスを使用して下さい。下部にウォールバーを取付けます。

STEP5


DIYラック_焼き網_5

取り付け場所に持って行き、三角カンにJフックピンを入れ金槌で壁に取り付けます。

STEP6


DIYラック_焼き網_6

チェーンを引っ張り、調整しながらフックピンの位置を決め、壁に打ち付けます。チェーンをフックピンに引っ掛けると、棚の完成です。

DIYラック_焼き網_7

収納物も見やすく、下へ物をかけられるアイディアが嬉しいですね。Jフックは、画鋲ほどの太さで、細くても耐荷重7kgほどの強さをもつアイテム。見事に活用されています。

壁にピンを刺せる場所ならどんな所でもオーケーです。少々重い物も思い切って置けますので、ぜひ参考にしてみてください。

チェックポイント



焼き網は、カラースプレーで色をチェンジしてもOKです。また、重たい物を置く場合は、ピンが外れてきていないかを必ずチェックしてください。

水平器を使うと、傾かず水平に棚が設置できます。

reenaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧ください!

reenaさんのインテリアを見てみる


賃貸OK♪重くても大丈夫!好きなところに作れるリメイク棚。 by reenaさん[RoomClip mag]
[RoomClip]

Photographed by reenaさん