メイクは薄めの方がいい?

写真拡大

メイクに時間をかける女性にとっては、残念なニュースかもしれない。「男性に一番印象が良いのは『通常より40%薄め』のメイクである」という研究結果が発表された。実は、ばっちりメイクをあまり評価しない調査結果はほかにもある。

「化粧はなくていい」。そんな男性の好みをいち早くキャッチしたのだろうか、ここ数年は「すっぴん」と称した自撮り写真をSNSやブログに載せる女性芸能人が増えている。好評価を受けることが多いようだが、「本当にすっぴんなの?」と疑う声もチラホラ。メイクの濃さ、どうすればいいのか。

叶美香やローラ、ノーメイク写真に「めっちゃきれい」

英バンゴール大学のアレックス・ジョーンズ教授は、「最も美しく見える化粧の濃さはどの程度か」を調べるため、コンピューターグラフィックを使って女性の「すっぴん」から「厚化粧」までの顔画像を作製、少しずつ濃さを変化させながら男性に見せた。2014年4月、心理学誌に発表された調査結果によると、男性の間で最も魅力的に感じられたのは「通常より40%薄め」のメイクだった。

メイクを頑張ってもダメならどうすれば美しくなれるのか。コスメブランド「kiss」が16年3月16〜17日に実施したアンケート調査では、「顔立ちが悪くても『肌』がきれいなだけでかわいさが増す」と答えた男性は72.3%に上った。日頃から、素肌のケアに気を配る必要がありそうだ。

最近、芸能人の間で「すっぴん」と宣言しながら自分の写真を公開するケースが増えている。例えばタレントの叶美香さんは14年9月、ブログで「スッピン美肌の条件」とのタイトルで写真を公開。当時46歳ながら、読者からは「本当に綺麗」「着飾るよりも、この方が断然素敵」との声が寄せられた。モデルのローラさんは15年9月、インスタグラムでメイクを落とした後の顔を収めた一枚をアップ。こちらも「すっぴんもめっちゃきれい」といったコメントがついた。

ここ1年ほどの間でも他に、麻木久仁子さんや藤原紀香さん、後藤真希さん、きゃりーぱみゅぱみゅさんなど、幅広い年齢の芸能人がテレビ番組やブログ、SNSで「すっぴん」姿を見せている。直近では16年5月30日には、おのののかさんがダレノガレ明美さんとともに、すっぴんと思われる写真をインスタグラムでアップした。

化粧なんかしなくても、美しい素肌で勝負できるのよ――。素顔に自信があるのか、まるで競うようにすっぴんを公開しているようにも見える。

「可愛いすっぴんを思わせるようなすっぴんメイク」

一方で、「すっぴん」をさらしたところ、メイク時とのあまりの落差に別の意味で注目されてしまった芸能人もいる。アイドルグループ「NMB48」の井尻晏菜さんは16年2月放送のバラエティー番組「有吉反省会」(日本テレビ系)ですっぴん顔を公開。化粧しているとグループ内では美人で知られる井尻さんだが、ノーメイク時は小さい目、ツヤのない肌と、同じ人物とは思えない地味さ。グループのメンバー市川美織さんに「ここまで本気のすっぴんを見せたアイドルはいない」と言われるほどの別人ぶりだった。

実は、男女ともに好むのは完全な「すっぴん」ではなく、本当は化粧しているのにまるでノーメイクに見える「すっぴん風メイク」のようだ。化粧品メーカーの資生堂が2015年8月に発表した「すっぴんに関する意識調査」のアンケート結果によると、男性がデートで恋人にしてもらいたいメイク(複数回答可)は「すっぴん風ナチュラルメイク」が62.4%でトップ。一方、「すっぴん」は29.5%と半分以下だった。

逆に、女性がデートでしてみたいメイク(複数回答可)も「すっぴん風メイク」が72%で、「すっぴん」は13%どまり。また、自分のすっぴんに自信が「ない」か「あまりない」女性は67.9%だった。並外れた美形でなければ、下手に「すっぴん」をさらすより「すっぴん風メイク」を磨くのが得策かもしれない。

では、少々おせっかいかもしれないが、多くの芸能人が「すっぴん」と称して公開している写真は――。中には画質の荒さや逆光での撮影のため「事実」が判然としないものもあり、ネット上では「本当にスッピン?」「すっぴん風メイクが多い気がする」などといぶかる声も出ている。真相は本人のみぞ知る、だ。

モデルの高橋メアリージュンさんはかつて自身のブログで、「本当のすっぴんではないけど、可愛いすっぴんを思わせるようなすっぴんメイク」と明言しながら自撮り写真を公開。「恥ずかしいような、でも実はこれくらいの方が女の子の本来の魅力が輝くんじゃないか」と、その意図をつづっていた。