6月2日から予約受注が開始されたポルシェ・カイエン「プラチナエディション」。

この車名は、限られた期間にのみ販売する厳選されたモデルシリーズに使用されるものだそうですが、販売期間はとくにアナウンスされていません。

1

外観で目を惹くのは、よりワイドなホイールアーチに収まるRSスパイダーデザインの大径20インチアルミホール。

ボディカラーはブラックとホワイトのソリッドカラー仕上げが標準で、「ジェットブラックメタリック」、「パープライトメタリック」、「マホガニーメタリック」、「キャララホ ワイトメタリック」、「ロジウムシルバーメタリック」をオプションで設定。

よりワイドになったホイールアーチもボディ同色になる「ハイグロスエクステリアパッケージ」も用意されています。

インテリアでは、8ウェイの電動調節機能が組み込まれたレザースポーツシートをはじめ、アルカンターラ仕上げのセンターパネル、全席のヘッドレストにあしらわれた「ポルシェ クレスト」が見どころ。

装備では「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)」内蔵のバイキセノンヘッドライト、「パワーステアリング・プラス」、「パークアシストシステム(前後)」などが標準化されていて、「パークアシストシステム」は、障害物までの距離や前後の他の車両の存在を警告音で知らせるだけではなく、周囲の様子を中央のディスプレイに表示。

さらに、ドアミラーとインテリアミラーに自動防眩機能が標準装備されているほか、後部座席の乗員のプライバシーを確保する濃色プライバシーガラスも標準となっています。

そのほか、標準装備となる「Platinum Edition」ロゴ入り「ステンレススチール・ドアエントリーガード」をはじめ、「カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」には、「イルミネーテッド・ドアエントリーガード」がモデル名ロゴをテラス演出も用意。

よりハイグレードな標準装備として、プラチナエディションモデルには、オンラインナビゲーション、およびBOSE製サウンドシステムを含む最新の「ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)」を装備。ダッシュボードには、美しいアナログ時計が配置されています。

価格は「カイエン プラチナエディション」が944万円、「カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション」が1257万円です。

(塚田勝弘)

ポルシェ・カイエン「プラチナエディション」は、RSスパイダーデザインの20インチホイールを装着(http://clicccar.com/2016/06/03/376183/)