中国メディアの国捜はこのほど、日本の駅弁を絶賛する記事を掲載した。また中国の駅弁にも少しずつ良い変化が生じていることを紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの国捜はこのほど、日本の駅弁を絶賛する記事を掲載した。また中国の駅弁にも少しずつ良い変化が生じていることを紹介している。

 記事は日本の駅弁を「正統派」と呼び、その質において不動の地位にあることを称賛。「弁当」という語彙でさえ日本で生じたうえで、中国に輸入された言葉だと指摘した。

 さらに「日本の駅弁は日本文化の特色の1つと言えるほどにまで発展を遂げた」と説明、駅弁に日本各地の特色が色濃く反映されていることや非常に手が込んでいることを指摘。旅を楽しみつつ、地元の素材を活かした弁当を楽しめることを高く評価し、「食いしん坊の究極の夢を日本の駅弁がかなえてくれた」と絶賛した。

 記事はいくつかの日本の駅弁を写真付きで紹介している。山形県の米沢駅で買える「牛肉どまん中」については「見るだけで食指が大きく動く」、富山駅や金沢駅で販売されている「ますのすし」については「新鮮なマス、お米、竹のとても良い香りがする」と説明した。

 また兵庫県の明石駅で販売されている「ひっぱりだこ飯」は食べた後も容器を記念として利用できると指摘し、「日本の駅弁は盛り付けから包装に至るまで非常に美観を強調している」と指摘、日本の駅弁の特色を高く評価した。

 一方で記事は中国人から酷評されていた中国の駅弁に良い変化が生じていることを紹介。いくつかの路線で車内販売される駅弁の種類が増えており、味に対する乗客の評価も上々のようだ。中国鉄路総公司が駅弁改善に着手し始めたことを意味する変化だ。

 しかし日本と中国の駅弁にはまだまだ大きな差があり、その1つは記事が言及した「美観」だと言える。中国の駅弁の盛り付け方が雑だということではなく、消費者に駅弁を「楽しんでほしい」という、より質の高いサービス精神があるかないかが盛り付け方や包装の質にはっきり現れている。

 この点、記事が日本の駅弁に対して「見るだけで食指が大きく動く」とか「とても良い香りがする」と指摘しているように、日本の駅弁は口に入れる前から人々を楽しませることができる品質を有している。記事は日本を「駅弁先行者」と呼んでいるが、消費者の視覚、聴覚、味覚すべてを楽しませることができる駅弁作りを目指すとき、中国も独自の駅弁文化を打ち立てることができるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)