パインアメとコラボした「噛むブレスケア」再登場

写真拡大

小林製薬は、「噛むブレスケア パインアメ味」を2016年6月8日に期間限定発売する。「噛むブレスケア」は"口からお腹の中まで息をリフレッシュしたい"、"水なしですぐに対処したい"というニーズに着目して開発されたグミタイプの清涼食品。15年に「パインアメ」のパイン(大阪市)とのコラボレーションで、甘酸っぱくてジューシーな味を再現し大変好評を得たという。

新たに「パインアメくん」をボトルにデザイン。噛んだ瞬間、グミの中の清涼成分(メントール、パセリオイル)が口に広がり、さらに胃腸まで届いてスーッと感を堪能できる。

全国の薬局・薬店、スーパー、ホームセンター、コンビニエンスストアなどで取り扱う。25粒入りで、価格は388円(税込)。

「パインアメ」は、1951年、戦後の缶詰のパイナップルが高級品だった時代に、そのパイン缶の美味しさを手軽に味わってもらいたいと誕生したキャンディ。発売から60年以上を経た現在も、幅広い世代に愛されているロングセラー商品。