アルツハイマー病の原因とされてきたタンパク質の塊「アミロイドベータ」は、脳に侵入した細菌に対抗しようとする物質かもしれない。マウスと線虫を用いた研究で、「感染症原因説」を示唆する結果が示された。

「アルツハイマー病は「脳が感染と戦った結果」なのか:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

アルツハイマー病患者の脳回路を破壊するとされてきたタンパク質の塊「アミロイドベータ」は、単なる老廃物の蓄積ではなく、細菌との戦いによって生じたものかもしれないという研究結果が示された。

アミロイドベータはこれまで、無価値な蓄積と考えられてきた。そして、アルツハイマー病の治療に関する研究は、脳の詰まりを取り除き、アミロイドベータを消し去ることに集中していた。ところが、マウスと線虫を用いた最新の研究は、アミロイドベータは侵入してきた細菌を閉じ込め、脳を守るために仕掛けられた頑丈な罠かもしれないことを示唆している。

ハーヴァード大学で行われ、『Science Translational Medicine』誌に研究論文が掲載された今回の研究では、アミロイドベータを過剰に生成するよう遺伝子操作されたマウスと、普通のマウスの両方に関して、脳に致死量の細菌を注入。一夜明けると、アルツハイマー病のモデルとしてつくられたマウスは、アルツハイマー病患者に見られるものとよく似たタンパク質のプラークを生成しており、プラークの中心には細菌の細胞が閉じ込められていた。一方、普通のマウスはプラークを生成せず、早く命を落とした。

線虫でも同様の結果が出た。細菌や酵母を注入すると、アミロイドベータを過剰に生成する個体の方が長生きしたのだ。

研究チームによると、脳が感染と戦った結果、アルツハイマー病が引き起こされている可能性があるという。この仮説は論争を呼んでおり、現時点では推測の域を出ないが、変性疾患であるアルツハイマー病の治療や予防に関する考え方を劇的に変えてしまう可能性を秘めている。

オーストラリア・メルボルン大学の神経科学者コリン・マスターズは『Science』誌の取材に対し、「興味深い」研究結果だと感想を述べたものの、マウスと線虫を用いた研究であることから、「人のアルツハイマー病と直接的な関係はない」と強調している。

それでも、多くの科学者がこの研究結果に関心を示しており、説明として筋が通っているという見方も出ている。例えば、カリフォルニア大学サンフランシスコ校でアルツハイマー病の神経画像を研究するマイケル・ウェイナー博士は『New York Times』紙の取材に対し、アルツハイマー病患者はヘルペスウイルスの抗体値が高いという研究結果が存在することを紹介している。抗体値の高さは、過去に感染があったことを示唆する。

ヘルペスがアルツハイマー病の原因というのは突飛な発想に聞こえるかもしれないが、今回の研究結果は説明として筋が通っているところがあると同博士は述べ、「興味深く、刺激的」な研究だと述べている

2015年10月には、アルツハイマー病の患者の脳に真菌種(いわゆる「カビ」で、白癬やカンジタなどの原因になるもの)の痕跡が見つかり、罹患していない対照群には見られなかったという研究結果も発表されている。こうした研究結果は新しい治療法の開発に結びつく可能性がある。

RELATED