コスパ◎でプチ贅沢もできる!「脱1000円ランチ」がおすすめな理由

写真拡大

働くゆとり女子の多くが、毎日カフェやレストランでランチを食べているのではないでしょうか。とくに、職場の女子同士で誘い合わせて行くと、雰囲気や居心地のいいお店を選びがち。すると、一食あたりの出費はたいてい1,000円をくだりません。

もちろん、それほど高額ではないのですが、これが毎日積み重なると、けっこうな額になってしまいます。しかも、実はいい雰囲気のカフェやレストランって、値段のわりに量が少なかったり、そんなにおいしくなかったり・・・、なんだかもったいない気がします。

そこで、ゆとり女子に提案したいのが「脱1,000円ランチ」です。

脱1,000円ランチって?

1,000円というと、気軽に払えてしまうのであまり気付きませんが、味や量を比べると、500円以下で食べられるファストフードの方が断然コスパがいいことがあります。

もちろん1,000円でもお得に感じるほどの味や量のものならいいですが、よくよく考えてみると料理そのものではなく、店の雰囲気や居心地のよさにお金を払っていることはありませんか。

そんなとき、あえてランチをファストフードですませることで、出費を抑えようというのが脱1,000円ランチなんです。

浮いたお金でプチ贅沢!

脱1,000円ランチで浮いたお金は、ちょっとした贅沢に回します。たとえば1か月間、脱1,000円ランチを続けて500円以下のファストフードに変えるだけでも、1万円以上出費を抑えられるんです。これはちょっと高級なレストランで、ディナーのコースを食べられるくらいの値段。

また、1週間の脱1,000円ランチで3,000円程度出費をおさえて、週末いい雰囲気のバーでお酒をたしなむお金に回す、なんていうのもありかもしれません。

脱1,000円ランチは大人への第一歩

徐々に大人の女性に近づいてきているゆとり世代にとって、レストランでちょっといいディナーを楽しんだり、行きつけのバーをつくったりという大人ならではの楽しみは、少しずつ覚えていきたいところ。

そんなところへ行くにはいつもよりちょっとお金がかかりますが、脱1,000円ランチで浮いたお金を回せばOK。ランチにはお金をかけずに、夜の楽しみを増やす--。脱1,000円ランチは大人への第一歩になるんです。