中国では日系車が事故に遭うと、ボディが大きく凹むなどとして、「鋼板が薄くて安全性に劣る」などと主張するデマが存在する。一時期に比べれば、日系車の安全性に対する正しい認識も広まってきているが、今なおデマそのものは根絶できていないのが現状だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では日系車が事故に遭うと、ボディが大きく凹むなどとして、「鋼板が薄くて安全性に劣る」などと主張するデマが存在する。一時期に比べれば、日系車の安全性に対する正しい認識も広まってきているが、今なおデマそのものは根絶できていないのが現状だ。

 中国メディアの牛車網はこのほど、「ボディの鋼板が薄いはずの日系車はなぜ衝突安全性テストで高得点を獲得できるのだろうか」と疑問を投げかけつつ、日系車の鋼板をめぐるうわさ話は「中国の古い世代の間違った教えと、メディアの無責任な報道によって形成されたデマ」であると指摘した。

 記事は、現在の中国では自動車を国別で一括りにして論じる傾向が強いと指摘。その例として、米国系の自動車は燃費が悪い、フランス系はトラブルが多い、韓国系は品質が悪い、ドイツ系は品質が高いといった具合で、「日系車は歴史的要因から、売国奴が乗る車」とのレッテルを貼られていると主張した。

 だが、日系車の実際のパフォーマンスは、燃費の良さ、堅牢さ、品質の高さ、技術力の確かさなど、ほかと比較しても「抜きん出ている」と指摘したうえで、中国人消費者が思い込んでいる「安全性に劣る」というデマも「各種テストが否定している」と指摘。一方で、こうした消費者の固定概念を変えるには莫大なコストがかかってしまうものだと論じた。

 そもそも中国で日系車は鋼板が薄く、安全性に劣るというデマが広まったのは、事故で何かにぶつかった時にボディが凹むためだ。ほかの自動車に比べ、凹みが大きく見えたことから、鋼板が薄いのではないかという考えに至り、その安全性に劣るのではないかという疑念に変わったものと考えられるが、記事は「日系車はボディを凹ませる衝撃を吸収している」と説明。

 衝撃を吸収することで、車内の人間を守っているのだと指摘したほか、欧州や日本の自動車アセスメントプログラムや米IIHSによる衝突安全試験で日系車は「非常に高い評価を得ている」ことからも、中国人が日系車に対して抱いている「固定概念」は間違ったものであると論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)