もうすぐ大学を卒業する劉さんは、最近受けた面接に落ちたため、今後も合同企業説明会に行って「戦い」続けなければならない。面接に落ちた理由はなんと、履歴書に貼られた劉さんの写真が、別人のように「美しかった」からだという。資料写真。

写真拡大

もうすぐ大学を卒業する劉さんは、最近受けた面接に落ちたため、今後も合同企業説明会に行って「戦い」続けなければならない。面接に落ちた理由はなんと、履歴書に貼られた劉さんの写真が、別人のように「美しかった」からだという。華商晨報が伝えた。

大学新卒者100人と企業10社の人事部門責任者を対象に調査を実施したところ、新卒者の半数が履歴書の写真を「加工」していることが分かった。

▼面接に通るため写真を加工する大学生

先月、劉さんは求職サイトを通して、自分の理想に近い会社を見つけ、一次審査に通り、他の新卒者4人と共に面接を受けることになった。なんとか就職を決めたいという思いから、劉さんは履歴書に貼る写真を加工した。面接では、人事部門責任者から「この写真は本当にあなたか?」と何度も聞かれ、「そうです」と答えた。そして、外で待つようにと言われた後、「他の人を選んだ」と告げられた。

大学新卒者100人と企業10社の人事部門責任者を対象に調査を実施したところ、新卒者の半数が、「美顔」などの写真加工アプリを使って、履歴書の写真を「加工」していることが分かった。

▼本当に大切なのは「実力」

ある企業の人事部門責任者・王さんは、「履歴書を見る時、確かにほとんどの人がまず写真を見る。写真は面接に進めるかをある程度左右する」とした。

しかし、「写真が少し修正されているぐらいなら、通常気にしないが、あまりに加工され、別人になっているなら、誠実さにかける。もっといい人がいれば、そっちを選ぶ」と率直に述べた。

ヘッドハンティングを行う企業の人事部門責任者・劉先さんは、仕事を探している新卒者に対して、「正当でない手段を使ってはならない。競争に勝つためのカギは『本当の実力』。仕事はすぐに見つかるものではないため、モチベーションを保たなければならない」とアドバイスしている。(提供/人民網日本語版・編集KN)