能年玲奈、復帰はある?“3つの過酷なシナリオ”
「能年玲奈、事実上芸能界を引退へ」――5月24日発売の『週刊女性』を皮切りに、各メディアでいっせいに“引退危機”が報じられている能年玲奈。これに対して、彼女の母親が「引退も洗脳もウソ」(『週刊文春』6月2日発売号)と告白をするなど、事態はドロ沼化しています。

 ファンとしては、とにかく能年ちゃんをまたテレビで観たい!そこで大手芸能事務所の社員・元社員数人に、事態の解説とともに、復帰のシナリオを聞いてみました。

◆シナリオ1:能年玲奈が事務所に謝罪して、個人事務所は閉める

 ゴタゴタの発端は、2015年1月に能年玲奈が所属事務所・レプロエンタテインメント(以下レプロ)に無断で、個人事務所「三毛andカリントウ」を設立したこと。これに激怒したレプロが“能年を干している”と報じられています。

 一方、能年の母は、「『三毛andカリントウ』は玲奈の描いた絵やグッズを売る会社で、レプロとの契約に差し障ることはない」(『週刊文春』6月2日発売号)と答えています。

 ですが、大手芸能事務所のA氏は「無断で個人事務所をつくるなんて、ありえない。許されませんよ。グッズ販売なら、なお悪いですね」と断言します。

「事務所は、実はテレビの出演料では儲からないんです。テレビ出演でタレントの価値を上げて、CM・グッズ販売・ライブなどで儲ける、というのが基本です。

 だから能年さんのケースは、事務所からしたら“お金をめっちゃかけて育てたのに、グッズ販売とかオイシイところを持っていくつもりか?”という話。怒るのは当たり前ですよ」(Aさん)

 だから復帰のためには、SMAPのような全面降伏が必要だ、とA氏。

「まずはレプロに謝罪すること。そして個人事務所を閉じるか、せめて『利益の○割はレプロに渡す』などの筋を通すことですね」

 せちがらい世界なんですね…。

◆シナリオ2:能年玲奈が他の強い事務所に移るべく画策する

「レプロ以上の力がある事務所に移れれば手っ取り早いんですけど、レプロと関係の深いバーニングをはじめ、大手は彼女を拾わないでしょうね…。

 私が能年さんのブレーンだったら、きゃりーぱみゅぱみゅなどが所属するアソビシステムか、鈴木奈々などが所属するツインプラネットに売り込みます。最近躍進してますし、能年さんのやりたいことに向いてると思う」
(大手芸能事務所マネジャーB氏)

 能年玲奈が仕事のえり好みをするという報道もありましたが、「お笑いやサブカル志向がある能年さんと、きれいに見せたいレプロとは、もともと合わない気がします」とB氏。

「もっとも、急に人気が出たタレントが、事務所の言うことを聞かなくなるのは、“芸能界あるある”なんです。『あまちゃん』だって事務所の力がなければ出られなかったのに、本人は自分の力だと思ってしまう。

 これは一般論ですが、事務所が番組担当者をものすごく接待したり、営業をかけなければ、たとえオーディション形式でも仕事は取れません。でも、そのことは本人には明かしませんから、自分の力だと思ってしまうんです」(大手芸能事務所管理職・C氏)

◆シナリオ3:ネットの人として3年ほど頑張る

 このままでは、この6月でレプロとの契約が切れ、独立しそうな能年玲奈。独立すると、テレビ局が暗黙の了解でキャスティングしない、というのはよくある話です。

「となると能年玲奈の生きる道は、ネットで頑張って、ニコニコ超会議とかで新しいファンを得て、テレビに戻ってくる……小林幸子みたいなパターンですかね。

 まあ、事務所の圧が消えてテレビが起用できるまで、3年はかかるでしょうけど」(A氏)

 とはいえ、独立後に待っているのは大変な茨の道。

「事務所がタレントのイメージを下げるのって、本当に簡単なんです。恋愛関係とか性格の問題とか事務所は掴んでますからね。今まで隠していたことを、メディアに明かすだけで、簡単にイメージは下げられます」(B氏)。

 3つのシナリオは、どれも能年玲奈には過酷です。わずか22歳の彼女が、ここで挫折しないよう祈るばかり。能年ちゃん、みんな待ってるよ!

<TEXT/女子SPA!編集部>