大きく出遅れた松山英樹(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ザ・メモリアル・トーナメント 初日◇2日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,265ヤード・パー72)
 オハイオ州にあるミュアフィールド・ビレッジGCで開幕した米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」。ダスティン・ジョンソン(米国)が10バーディ・2ボギーの8アンダーを叩きだし首位発進を見せた。
なつかしい?松山英樹、米ツアー初優勝後インタビュー動画
 2位は7アンダーのブレンダン・スティール(米国)、6アンダーの3位タイにはジェイソン・デイ(オーストラリア)ら5人がつけている。
 2014年大会の覇者・松山英樹はOUTから出た松山は6番で約3.5mを決めてバーディを先行させると続く7番パー5をきっちり4打で上がり連続バーディ。スコアを伸ばす上位陣にしっかりとついていく。
 だが、後半12番パー3でティショットを池に入れてダボを叩くと13番でもボギー。16番でバーディを奪ったが、17番、18番で連続ボギーを叩き2オーバーの105位と出遅れ。もう1人の日本勢・岩田寛も3オーバー107位と厳しい初日となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
前週予選落ちの宮里藍、棄権した野村敏京は復調なるか?