画像

写真拡大 (全5枚)

 ニールセンは、日本国内における「Twitter」利用者のインターネット利用状況の分析事例を発表した。「Twitter」利用者率の高いゲームアプリは「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」、ショッピングアプリでは「ミンネ」が1位になった。

 ニールセンは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)を活用した、日本国内における「Twitter」利用者のインターネット利用状況の分析事例を発表した。

●Twitter利用者率が高いゲームアプリ1位は「ラブライブ!」

 「Twitter」利用者率の高いゲームアプリを調べたところ、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」が1位となった。そして、同アプリを利用している人のうち78%が「Twitter」を併用していた。またゲームアプリ利用者は「Twitter」を併用している割合が高く、10番目のアプリでもほぼ半数の人が「Twitter」を併用していた。
Twitter利用者率の高いショッピングアプリTOP10

●ショッピングアプリの1位は「ミンネ」

 ショッピングアプリでも同様の調査を行ったところ、最も「Twitter」利用者率が高かったのはハンドメイド商品のフリマアプリ「ミンネ」(64%)で、次いで2位に「メルカリ」(56%)、3位に「フリル」(55%)という結果になった。ショッピングアプリの中でも、特にフリマアプリを利用している人は「Twitter」併用率が高い結果となった。
Twitter利用者率の高いゲームアプリTOP10(図表は分析結果を基にTwitter Japan作成の資料より抜粋)

●ショッピングの合間に起動されるのは「LINE

 オンラインショッピングを利用している合間に起動されるアプリ(利用者数TOP5)を調べた結果、「Amazon」と「楽天市場」、「メルカリ」の3つのアプリすべてで「LINE」が最も利用されていた。2位以下のサービスは、ショッピングアプリにより異なるものの、「Google検索」や「Gmail」、「Twitter」などが続く結果となった。
ショッピングアプリを利用している合間に起動されるアプリ 利用者数ランキング TOP5

●Twitterユーザー、新規ゲームアプリの利用数が多い

 「Twitter」ユーザーとノンユーザーで、2015年7月から12月の間で新しくリリースされたゲームを利用した平均の個数を比較すると、「Twitter」ノンユーザーが半年の間に平均して2個の新規ゲームアプリを利用していたのに対し、「Twitter」ユーザーは2.9個利用しており、ノンユーザーよりも約1個多い結果となった。
Twitterユーザーとノンユーザーの新しいゲームアプリ利用個数

MarkeZine編集部[著]