1日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人から見た中国人に対するイメージについて紹介する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年6月1日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人から見た中国人に対するイメージについて紹介する記事を掲載した。

記事では、日本人による中国人に対するイメージについての意見を紹介。例えば、民度が低くてうるさく、列に並ばない、お金持ちで爆買いする、食品の安全に問題がある、不動産価格が高くて90年代の日本のようだ、家を持っていないと結婚できない中国の男性はかわいそう、店員の態度が悪い、中国は社会問題も多いが大きな潜在力がある、などの意見があったという。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。

「日本人の言っていることはすべてその通りだ」
「今回は日本人の言うことに同意するしかない」

「日本人の抱くイメージは基本的に正確だと言わざるを得ない」
「耳の痛いことばかりだが、反省に値することだ。ばかにされないようにするにはまず自分から変えないと」

「民度が低いというのは事実だ。でも別に恐ろしいことでも恥ずかしいことでもない。少しずつ変えていけばいいだけだ」
「ちょっと中国人の国民感情を傷つけるものばかりだが、でも基本的にどれも事実だ」

「中国のサービス業は世界で最悪のレベル」
「毎日接触する人たちがどんな民度なのかを見れば、日本人のイメージが正しいか間違っているかすぐわかる」(翻訳・編集/山中)