ブルックリンで「ソーラーパネルの普及」を目指すスタートアップ

写真拡大

建物の構造上、太陽光発電パネルの設置が難しいといわれるニューヨーク・ブルックリンで、ソーラー発電の普及を試みるスタートアップがある。画期的なパネル設置システムを共同開発したブルックリン・ソーラーワークスは、デザインの力で人々の意識を変えようとしている。

SLIDE SHOW 「ブルックリンで「ソーラーパネルの普及」を目指すスタートアップ」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-20160513_parkslope_canopy_red-planes-1024x545

2/5キャノピーは屋根から約3m上に取り付けられる。
PHOTOGRAPH COURTESY OF BROOKLYN SOLARWORKS/SITU STUDIO

03-sulton-drone-1-1024x574

3/5それぞれのキャノピーは、約75cmx150cmの太陽光発電パネルでできている。
PHOTOGRAPH COURTESY OF BROOKLYN SOLARWORKS/SITU STUDIO

04-img_7643-1024x683

4/5強風にも耐えられる構造だ。
PHOTOGRAPH COURTESY OF BROOKLYN SOLARWORKS/SITU STUDIO

05-solarcanopy_08-1024x576

5/5キャノピーは日よけとしての機能ももつ。
PHOTOGRAPH COURTESY OF BROOKLYN SOLARWORKS/SITU STUDIO

Prev Next

ニューヨークで太陽光発電を取り入れるのは、とても面倒だ。住人たちも設置に興味をもっており、住宅への設置費用が70パーセント安くなる助成金があるにもかかわらず、ニューヨークにおけるソーラー技術の採用は遅々として進まない。特にロング・アイランド地域に比べると、その差は歴然だ。

その責任は建築にあると、ブルックリン・ソーラーワークスの創立者のひとり、T.R.ラドウィグは述べている。同社は、ニューヨークの住宅の屋根にソーラーパネルを設置することを目指すスタートアップだ。

この市場は活気があるが、それはあくまで屋根に勾配のある郊外の住宅に限られると、ラドウィグは言う。ブルックリンやマンハッタンに見られるようなレンガづくりでブラウンストーンを張った住宅は、屋根が平坦で、天窓や昇降口、空調設備といった障害物もたくさんある。さらに自治体の規則で、歩道の幅約1.8m、高さ約2.7mの範囲には障害物を置くことが禁じられている。

平屋根に設置したパネルは影の影響を受けやすく、最適な効率を得るための配置が難しくなる。ちなみに33°の傾斜で真南に向いているのが最適な配置なのだと、ラドウィグは言う。

こうした難題が賢いデザインを生み出した。ブルックリンにあるデザイン会社、Situ Studioは、約75cmx150cmの太陽光発電パネル(1枚当たりおよそ320Wを発電)を屋根の上3mの位置に持ち上げるキャノピー(天蓋)をつくった。パネルは、長さ2.7mの柱に取り付けられ、この柱が、建物の手すりに固定したレールにボルトで留められる構造だ(強風に耐えられる設計だという)。

さらにSituは、キャノピーの位置をそれぞれの屋根の寸法に合わせて簡単に調節できるシステムをつくり上げた。これで、キャノピーを自治体の規制に合わせて設置することができるようになる。

RELATED

価格はまだ安いとはいえない。15〜18枚のパネルを設置できるキャノピー(4人家族が通常1年間に消費する6,000〜8,000kWhを補うのに必要なサイズ)の価格は、およそ3万ドルだ。ただし助成金を受ければ、このサイズのキャノピーは7,000ドル近い価格になる。「通常はおよそ6年で元が取れる」とラトウィグは言う。

このかっこいいキャノピーは隠しておくことができないが、ラドウィグはこれはいいことだと考えている。「自宅の屋根にパネルを設置する人が増えれば、それを見た近所の人たちもキャノピーでパネルを設置するようになるでしょう。それ自体が宣伝効果を発揮して、ソーラー化が進むと思います」と彼は言う。「これこそがぼくたちの夢なんです」